嬉しいお知らせ

嬉しいお知らせがあります。
ついに私の仲間が聴導犬を迎えました。
いつもサミーが伊豆でお世話になっていました。
今井浜リゾートで講演した時に、細井さんが興味を持って欲しいと
それが細井さんの出会いでした。
それからの付き合いで、応援してきました。
下記のように認定され、聴導犬と共に歩いてくれる仲間が増えて嬉しいです。
早速、トレは看板犬としていましたよ♪

デフウォッチ【ろう者+聴覚障害者関連の最新情報】2011年01月25日号---新聞掲載 静岡新聞聴導犬「トレ」、河津の細井さんに 県内で初給付

ー引用ー

聴導犬「トレ」、河津の細井さんに 県内で初給付
01/25 08:18
 聴覚障害者に音を知らせて日常生活を補助する聴導犬「トレ」がこのほど、河津町田中の理容師細井佐織さん(38)=河津町田中=に、県内で初めて給付された。県が民間の訓練事業所に委託する、身体障害者補助犬育成・給付事業の一環。
 幼少期に聴力を失った細井さんは2年ほど前、NPO法人「県補助犬支援センター」(静岡市葵区)に聴導犬の給付申請を相談。紹介を受けた横浜市の訓練事業所でトレと出合い、認定試験に向けた訓練に取り組んできた。訓練費用の一部を、訓練事業所への委託事業として県が負担した。
 細井さんは、同じく聴覚に障害がある夫の崇仁さん(42)と一緒に、理容店を経営している。トレは3歳の雌で、マルチーズとビションフリーゼのミックス種。メール着信や来客、目覚まし時計などの音がすると、2人に触れて知らせ、音の発信源まで導くという。
 細井さんは24日、崇仁さんと共に県賀茂健康福祉センターを訪れ、栗田恒夫所長に聴導犬「トレ」の受給を報告。手話通訳を通じ、「必要な音を教えてくれるので助かる。聴導犬の素晴らしさを広め、社会の理解を求めていきたい」と、聴覚障害者や地域社会の聴導犬に対する認知度向上に向けた思いを語った。
 県は、補助犬に関する個別相談や給付申請指導などを県補助犬支援センターに委託している。問い合わせは〈電054(221)5544、ファクス054(266)3633〉へ。

 聴導犬 身体障害者補助犬の一つで、生活に必要な音を聴覚障害者に知らせる。身体障害者補助犬には聴導犬のほか、盲導犬と、肢体障害者の生活を助ける介助犬がある。法律で、公共施設や交通機関、飲食店などさまざまな場所への同伴が認められている。

ー引用終ー

中日新聞河津・細井さん、聴導犬「トレ」信頼 下田のセンター訪れ生活ぶりを報告
[PR]

# by yummypon | 2011-01-28 16:10 | メディア

お知らせ

今までのHPはサーバーのサービス完了によりみられなくなります。
新しいHPはhttp://sammytia.ikidane.com/になります。

もうひとつ、ずっと黙っていたことがあります。
10月5日にサミー姐の後を追いかけるようにティアが急死しました。
まだ2歳という若さです。明るくて誰でも好かれたティアでした。
これから色々なところへ連れて行って、経験を積ませようと思った矢先でした。

ショックで誰にも話せず、落ち込みましたが今はだいぶん落ち着いてきました。
悲しいです。

今年は最愛を3人失いました。
まずは2月には101歳の祖母。
6月はサミー
そして10月にティア。
4カ月おきに。。。。

今年は私の後厄です。
お参りはしてきているんですが。。。

祖母とサミーは以前から分かっていて心の準備はできていました。
サミーは2年前の癌が見つかってから、元気に2年間生き延びました。
去年の11月に危篤です。覚悟して下さいと言われてから
驚異の生命力で持ちこたえてきました。

生きている限り、必ず別れがあります。
ティアの死が一番ショックですが、それもしっかり受け止めて行きたいと思います。
[PR]

# by yummypon | 2010-11-07 11:26

お気に入り

サミーの1歳になるまでの様子を編集したものを送りしましたが
どうでしたでしょうか?

お気に入りものありましたでしょうか?
私のお気に入りはもちろん、一番最初の9週間の小さくてかわいいサミー。
そして、サミーがサミーらしく野生に戻って本能なるまま
自然に馴染んで思い切り駆けている場面です。

今でも鮮明に覚えています。
だから、ヒューゴがテキサスでの生活様子を見ると
とても懐かしいです。
いろいろなことが思い出されて、そうそうと頷いてしまいます。
[PR]

# by yummypon | 2010-08-02 00:48 | sammy

続きますよ

私は一度手をつけたら最後までやりきってしまうので途中でやめられません。
一気に2時間ほどのビデオテープから部分に編集を終えてしまいました。
サミーが1歳になる前までのアメリカライフの様子がわかると思います。

いままでは『わたしは心を伝える犬』の文面から想像していたもののいくつかが、
映像として残っているので照らし合わせてみてください。

カメラより映像で残して良かった。

サミーがASL読み取りして、考える様子も見られます。


ボランティアで犬の里親をしていた時のことです。
約2歳のボーダーコリーのレックスがやって、仲良く遊びます。



レックスの里親が見つかった後はGiffineというシェーバドとチャウのミックス。
約3カ月。サミーは5カ月。


ある日けたましく叫ぶサミー。何だろうと窓をのぞくとアライグマ!激映!


サミーは枝で遊ぶのが大好き。そして、この日はとても暑かったので水を張ったバケツに
頭から突っ込みます。忍法・水の巻


アメリカでは犬が遊べるところがたくさんあります。ここでは放し飼いOKですが、
呼び戻しが出来ることが条件です。公園ではなく丘ですね。


そして、最後にサミーが生まれたCorningへ遊びに行きます。
初めての飛行機にゆんみの故郷日本へ向かいます。


これでサミーの1歳になる前そして聴導犬になる前のアメリカ生活はお終い。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-30 18:51 | sammy

ビデオ編集 2

今度は、パピーサミーのごはん。
足りないよって、訴えています。あははは。


このときから既にサミーは足を広げてぺんちゃんこになっちゃっています。


そして、へそ天ですやすや


サミーが手話を見てそのコマンドに従う。
この時からサミーは寄り添うのが好きで、私の股に座ってます。


そして、わたしは心に伝える犬にも書いたように
窓に映った自分を初めて見て、興奮しているサミーです。字幕を入れてみました。


今日はこれくらいで打ちとめします。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-30 13:52 | sammy

ビデオ編集

この2日間寝ていないなあ。
DVDからPCに取り込ませるのソフトがないとできないから、インターネットでまず
フリーソフトで試す。時間がかかること。

そして、デジタルではなくHi8というビデオカメラだったので、編集がなおさら難しい。
2日間かけてやっと編集できましたとさ。

その時はカメラよりビデオでたくさんサミーを追いかけていました。
サミーのパピー時代を知らない人におそすわけ。
まずは、サミーがやってきて1週間ほどの様子。



はじめてのおもちゃで遊ぶ。



パート2



まずはこれくらいで
続きを後で作ります。楽しみに
[PR]

# by yummypon | 2010-07-30 11:58 | sammy

届けもの

毎日暑い日が続きますね。

昨日、なかなか提出出来なかったサミーの死亡届けの手続きしました。
手続きはあっけなく簡単に終わってしまった。
受付に飼い犬が亡くなったので死亡届けに来ましたと言うと
簡素な一枚の書類に
犬の種類、犬の名前、色、死亡日のみ記入。
そして平成15年年度の鑑札、狂犬病予防注射も一緒に提出したら、それでおしまいです。

ちなみにティアは平成20年度の鑑札です。
それでサミーは記録から消えてしまいます。
サミーが存在していた証はみんなの記憶のみになりました。

そうやって1つのサイクルが終わるのですね。
2000年暑い夏の8月に2カ月のサミーに出会って、私の娘になった日から10年。
やはりサミーとの一番の思い出は
アメリカの自然の中で散歩したことでしょう。

c0052779_10113424.jpg

c0052779_10124793.jpg

c0052779_1010574.jpg


アメリカにいた時代にはデジカメが無く、フィルムカメラだったのでそんなに枚数がありません。
もし、その時にデジカメがあったらもっと沢山撮れていたでしょう。

アメリカでサミーが野生たちと戯れていた様子とかいろいろ撮れていたと思います。
その映像はなく、私の記憶の中に残されているのみです。
記憶に残されているからこそ尚更良いのかもしれません。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-27 10:18 | sammy

1か月

サミーが風になって1カ月経ちました。

今もサミーがいないこと自体まだ信じられていないのです。
サミーのぬくもりが無いなあ。という感じです。

今は目で追いかけることは出来ませんが、目を閉じればいつでも
サミーが思い浮かべます。

サミーが倒れてから、
今年の気候は異常だから夏は持ちこたえられるのだろうか?
8月いっぱいは仕事で日本にいない。
その間にサミーは大丈夫だろうか?心配でたまりませんでした。

この3日間は猛暑です。
じっとしているだけで沢山汗が出てくること。

こんな状況はサミーは耐えられません。
サミーはサミーなりのタイミングでもう行くね。と。

そしてサミーはやはり孝行娘です。
もし、今も生きていたら8月の私は仕事所じゃない。
仕事中でもずっとサミーが気になってしょうがないと思う。

そんなことも含めて
サミーなりの判断で虹の彼方へ駆けこんで
甘えること出来なかったアーチママの元で
今はゆっくり本当の親子で楽しんでいるかな?
メリーばあちゃんもケーブ爺さんもそこにいるからね。

ただ、ありがとうしか言えません。
そして、サミーの意思を引き継ぐティアがいます。

のんびりなティアだけど、少しずつ頑張っていますからね。
ティアは訓練所も自分の家だと思っているし、沢山犬仲間と楽しんでいるようです。
ティアは2つの家を行ったり来たりと、ティアなりに楽しんでいます。

最近、ティアを迎えに行くとすぐ私を見つけて喜びます。
やはり、ティアはサミー姐に遠慮していた部分があると思います。
そして、今のところ「待て」が苦手。
というか、分離不安なのかもしれない。
少しずつ「待て」が出来るようにしようね。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-23 22:07 | sammy

初めての大学授業でトレーニング

今日は、サミー姐がいつも大学へゆんみと一緒に行っていたの初めて知った。
サミー姐のケープを借りて、トレーニングとして一緒に行きました。
最初は何か分からなくてギョロギョロ落ち着かず、立ったり座ったりした。

ゆんみが講師としていろいろ生徒に話し始めて
生徒もゆんみを見ているから私も見るようになった。
c0052779_0384638.jpg

じっとゆんみのASLを見る
c0052779_0391390.jpg

ふーん。

生徒達はこんな感じでゆんみを見ています。
c0052779_0394739.jpg


今はティアとのコミュニケーションが足りない面があるけど
これから空白を埋めて行きましょう。
結構ティアもじっと手話を見つめることができているので良かったです。

これから少しずつお出かけして、色んな人にあって勉強しようね。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-12 00:35 | Tia

リクエストに応えてティアの喜びの舞

昨日ティアの喜びの舞を少ししか撮らなかったので
本日再度撮りました。3分位あります。
ティアの前足使い良く見て下さいね。


ティアを撫でるとゴアゴアしているので
ブラシングしました。
沢山出ること。
c0052779_21182031.jpg

ティアの体を私の体に預けてブラシしている間は
すやすやと寝ています。
c0052779_2119391.jpg


完ぺきではないが、何とか綺麗にアンダーファーを取り除きました。
少しは涼しくなるだろう。
撫でると滑るようになったので良しとする。
[PR]

# by yummypon | 2010-07-11 21:20 | Tia
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30