カテゴリ:台湾( 24 )


台湾映画「練習曲」

MLから引用して紹介します。

台湾映画「練習曲」
監督:チェン・ホァイェン(『悲情城市』(撮影))
出演:イーストン・ドン(「ハチミツとクローバー」)2007/93分/カラー
2007年台湾映画興収第1位
あらすじ大学卒業を前に、聴覚障害を抱える青年ミンシァンは高雄から自転車での
台湾島1周の旅へ出る。美しい台湾の風景、その旅中で出会う人々は
彼に新たな気持ちを生じさせていく。
ホウ・シャオシェン作品で知られる名カメラマン チェン・ホァイェンが台湾、
そして起伏に満ちた人生への万感の思いを込めた郷愁を誘うロード・ムービー
上映スケジュールはこちら
ニュース見出し「聴覚障害者を対象としたバリアフリー試写会-シネマート六本木」

ニュースの見出しより
主演は自身も聴覚障害を持ち、大学卒業後美術デザイナーとして活動した後、
本作で映画デビューを飾ったイーストン・ドンさん。
台湾にもろうが出ている映画があるとは思いませんでした。
なかなかろう者が出演することなくほどんとが健聴者の役者が聾役として
演技することの多い中でろう者が出演したことに注目したい。

アメリカでは結構たくさんろう者の俳優が生まれています。
日本でも数は少ないですがみんな頑張っています。
世界各地でどれくらいのろう者の俳優が活躍しているのだろう?
[PR]

by yummypon | 2008-07-30 21:14 | 台湾

台湾漫画が着々

今年中には台湾漫画が出来ます。
ラフもほぼ仕上げて、後はペン入れ。
私は沢山、ミキティにあーこれこーこれ描いてと容赦なく言う。
彼女は頑張って私の期待に応えるように描いてくれる。
前回よりもサミーらしさが出ている。
彼女はサミーの特徴をつかんで、家族のように接しているので
サミーの仕草とか細かい表現が描けるようになった。

もちろん、F4の出会いのいきさつ、旅行会社との交渉、
いろいろな出会いを描いています。
これを読んだ貴方はきっと台湾の良さが分かるはず。
そして、その足で1度旅に出てみたくなるはず。

とてもいい漫画に仕上がるので是非購入してね!
購入して頂いたみなさんがサミー基金のスポンサーになれるのだから。

10月にはF4が初めて日本でコンサートを行うんだよね。
ファンたちはファンクラブに入っていて、チケットをゲットしたとか
落選したとか悲喜こもこもです。
私はファンクラブに入っていないから6月まで待たなきゃあ、購入出来ないのだ。

知り合ったファンの友人たちは皆関西の人。
出来たら武道館でサミーとともに再会したいです。
コンサートに行くとき、やはり会場の人に聴導犬同伴であること
伝えた方がいいよな。
電話でのやりとりしかやっていないらしく。。。
その前に、まずはチケット確保だよね。
[PR]

by yummypon | 2008-05-12 21:51 | 台湾

自分へのメモ

Kena’s Blog

これは単なる自分へのメモです。
中国語だから読めないけど。。。
台湾へ行ったときにいろいろメディアの面でお世話になってくれた人のブログです。
見つけちゃいました。
たくさんまとめていただいているので永久保存版です。
[PR]

by yummypon | 2008-04-18 00:14 | 台湾

台湾手話取材してくれた人のブログです。

台湾手話「サミー」取材のブログ

これはアニーさんがご協力していただいて翻訳してくれました。
一緒に写っている彼女はサミーの取材に来ていた人です。

報道ニュースのレポーターより沢山私に質問した人です。その時は台湾友人が
いたので通訳してくれました。彼女は手話の勉強していて、
私に手話で話してくれたのですがやはり台湾手話対応になっていたので
分かりにくかった。台湾ろう手話は分かりやすくお互いに通じ合えたのです。
世界どこへ行っても対応手話形式だとどうもいまいちで充分内容が把握できない。
でも、通じる部分は直接返しましたが、???な面は友人を通してもらいました。
サミーのことを褒めまくっているので親バカな私は嬉しい。
↓ではアニーさんの訳をごらん下さい。

今日、私は取材でついに伝説の聴導犬に会いました!

以前、日本の番組で見たことがあったのですがが、実物はそれを超えるすごい犬でした。手話を理解できるだけでなく、さらに必要な各種の音の意味を見分けることをマスターしています。ドアホン、電話のベル、ファックスの音、アラーム、サイレンなどの音の音源を主人に知らせます。もし「盲導犬」がそのペアの目ならば、聴導犬はまさに耳です。仕事中はとても厳格でなければならず、遊ぶことは出来ません。道を歩いている時、そばで他の犬が遊んでいても知らん顔のまま。羨ましくはないのかな?

日本の障害者の友人であるYumiの台湾旅行の間も、彼女の牧羊犬のSammyはずっと彼女に付き添いました。Sammyをバカにしてはいけませんよ、日本でも「聴導犬」の証明書を持った犬はたった14頭しかおらず、Sammyはその内の1頭なのですから。Yumiは生活の中でもSammyを頼りにしています。家に友達が訪ねて来てドアをノックすれば、SammyはYumiの腰を軽く叩いて知らせます。Yumiがお湯を沸かす時、Sammyはお湯が沸いた音を聴いてYumiをレンジへ行くように知らせます。普通の人には何でもない事でも、聴覚障害者のYumiにとってはSammyの1つ1つの指摘の動作が無ければ聞こえません。Sammyの指摘はYumiの生活にとって便利なだけでなく、それをとても安全にもするのです。

しかしSammyがこうした聴導犬になったのはすべて偶然なのです。7年前、Yumiがアメリカに留学していた時、Sammyを譲り受けました。友人の勧めもあってYumiは自分でSammyにアメリカ手話を読む訓練をしました。Sammyが1歳の時、YumiはSammyを連れて日本へ帰り、聴導犬訓練所に預けて半年間の訓練をさせました。聡明なSammyは順調に認証資格を取り、その後再びYumiとともにアメリカに戻って、Yumiは卒業しました。つまりSammyはYumiとともに大部分をアメリカで過ごしたので、日本へ帰るとその文化と状況に適応する必要がありました。このことは私をとても驚かせました。犬にもカルチャーギャップがあるなんて思いもよらなかったよ!〜また見聞が広まったわ!

Yumiはその日、私に一冊の漫画をくれました。内容は彼女とSammyの生活のあれこれで、特に一般にはまだまだ「聴導犬」への認知と理解が低く、これを多くの人に知ってもらいたいと望んでいます。彼らがベストを着けて働いている時は「盲導犬」同様、主人の許可を求めずに勝手に犬をかまったりしないで下さい。彼らの仕事に影響してしまいますからね。

私達にはかなり自慢できる点があります。今回の台湾旅行でYumiは台湾でのサービスドッグに対する認知教育にとても良い印象を持ってくれたことです。彼女によればアメリカや日本に比べても、台湾では快速電車に乗るのも店に入って買い物をするのも、ベストを着けて仕事をしているSammyを見ればみんなから適切な協力を得ることができ、不便なく通行することが出来ました、と。反対に日本ではYumiはいつも自分が障害者であると説明し、Sammyの仕事内容を釈明しなくてはならないので不便なのだそうです。へへへ・・・嬉しいですねえ。私達自身に拍手を送っちゃいましょうか。

私は家に帰ってからも興奮覚めやらず、私の家のYunyunとLoloを訓練しようかと考えました。でももう一度考え直し。どうやってこの子達を訓練すればいいの?この子達はただただ楽しく、また自分の個性に沿って生活してるってダメなのかな?私はこの子達がただ単に誠実で率直なことを愛しましょうかね?
[PR]

by yummypon | 2008-01-26 22:51 | 台湾

台湾の手話番組

台湾の手話番組



たまたま自分をストーカーしてネットで探したらありました。
台湾へ行ったとき、ろうのテレビ番組に取材されていました。
台北聾学校内でおこなわれたものです。

聴導犬について説明しており、
最後には聴導犬の手話を2回ほど復唱しております。
たいだい日本の手話と似ていますので読み取れるかと思います。

ごらんください。

サミーが本当にかっこいい。
[PR]

by YUMMYPON | 2008-01-25 22:15 | 台湾

台湾デビューの裏話

台湾のイベントから2週間経っているが余韻が冷めないでいる。

強烈だったからかな。
たくさんの取材、たくさんのマイク、
同じことを2日間続けて朝から夕方までしゃべっていたし。
これは全て聴導犬サミーの宣伝。

まあ、本人は関係ないと思っているかもしれないが。。。
でも台湾での待遇は満足したでしょ?
得意げになっていたよ!サミー。

サミーの堂々としたステージが褒められていますが。。。。

実際は

ステージ裏へ呼ばれた時の私の心臓はパクパクでした。
毎回そうです。
講演に立つ前が一番緊張してパクパクします。
しかし、その位置に立つと妙に落ち着く私です。

学生時代のスポ根で各試合に燃えていた私でしたが、
その直前までは結構ドキドキしているのですよ。
スタートラインに立つとものすごい集中力が。。。。
周りは見えない。ただゴールを目指すのみ。
そして顔は勝負師になるのだ。

話は戻して
パクパクしながらステージ裏に行った時は
自分で落ち着かせようとしていました。
ステージ裏で待機すると、今度はサミーがパニック。
なになに?
嫌だああああああああああああああああああ。
席にもどるううううううううううううううううううううう。
背を向けて、暴れそうになったサミー。

おちつけええええええええええええ。
ばかたれ!
これからがサミーの晴れ舞台だ!
サミーが頑張らなくてはどうする!

「どうぞ!」

サミーの顔つきが変わった。
聴導犬のサミーです。
凛として堂々と
モデルみたいな歩きして6000人の観衆の前に登場したサミー。

お前も良くやるなあ。
ぱっと心を切り替えてやることは並み程度じゃあ出来ないことだよ。
舞台慣れしてるなあと感心した私です。

私の頭の中には聴導犬をPR.理解してもらうぞ!ということが
いっぱいだったので
聾である私の言語「手話」を綺麗に忘れてしまいました。
まあ、主役は私ではなくサミーですから。

どうぜなら
期間限定の芸能活動したいですな。
ゆんみ&サミーコンビで聴導犬啓蒙活動しながら
ドラマ、映画に出れたらいいのにね。
サミーは7歳半。
サミーは舞台慣れしてはっきり女優ですわ。
私?
セミ女優。 東映の教育映画しか出たこと無いよ。

後々、あっちこっちからお叱りを。。。
なぜ手話使わん???
使ったわよ!
殆どしゃべっていたんじゃん。

私だって、ステージから降りた後に
あああああああああああああああああああああああ
と悔やんだもの。
手話を使っていないいいいいいいいいいいいいいいいいいい。
手話通訳者が付けば私は思い切り手話を使っているわ。
付かなかったから、しっかり誤解されることなくしっかり伝えたいと思ったから
私の声で伝えました!
手話だと通じないもの。
そのジレンマに陥る私。
私の言葉は手話なのに、聴者には伝えることが出来ないから
声で伝えている。
手話がわかる相手なら手話という風に私はいつも伝えることを優先に考えているから。

一方的な手話で伝えようとしても通じなければ悲しいから。

でも、あの後に
手話の分かる聴者から
手話で「頑張ってね」って声をかけられたことが嬉しい。
伝えられたから、相手も私に伝えることが出来る。

サミーは体で思い切りみんなに伝えられたね。

まさしくヒーローです!
みんなはサミーに釘つけだったよ。
私はサミーの黒子ですからね。
[PR]

by yummypon | 2007-11-15 19:37 | 台湾

F4イベントの全貌

F4 イベントの全貌が見られます。

ここをクリックするとサミーがいかにもF4に愛されていたか分かるでしょう。
みんななで撫ででモテモテのサミーです。

サミーはいかにも注目を浴びられる運命です。
母親の私は嬉しいぞ!

台湾での聴導犬PRミッション任務完了!

サミーお疲れ様でした。

サミーのおかげで他の補助犬達の待遇と理解が広まってくるよ。

F4がバックアップして、台湾観光局もバックアップしてくれたからね。

これで台湾が好きになった人増えるかしら?
[PR]

by yummypon | 2007-11-06 17:10 | 台湾

2009年デフリンピックとの交流記事

2009年でフリンピック交流記事
を見つけちゃいました。

2009年は絶対に行くからね。
副会長もサミーに手話で話しかけては、サミーはどう読み取ったのでしょう?
台湾手話は日本手話に似ていますから理解できたかと思います。
私に似て勘がいいので分かったはず。

まあ、手話を見るのが好きなサミーには苦にはならなかったはず。

みんながサミーのこと注目しているよ。

台湾っていい国だよね

ね、サミー。
[PR]

by yummypon | 2007-11-04 21:54 | 台湾

サミー 台湾新聞に載る

台湾で購入した新聞紙は4社。

中国時報
c0052779_2231628.jpg


自由時報
c0052779_22332650.jpg


apple
c0052779_2236112.jpg


stars
c0052779_2238187.jpg


他にはTVBS
総合新聞
CT Today
民視新聞
☆アジアン・エンタ☆
c0052779_0492789.jpg


動画を見つけました。
サミー台湾デビュー



F4をキーワードにして探し当てたサミーについて記事になっているブログ
一緒は楽しい

中国語での聴導犬報道リンク

↓友人からサミーにバンダナをつけるともっといいよと言って結んだのが激写!
c0052779_2384155.jpg

F4ファンなら誰でも知っていることだけど、ドラマでも使用されていた赤札です。


一挙、台湾全土、F4イベントに参加した国:タイ、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、日本に全ての国に聴導犬のPRできました。

それでそれぞれの国が聴導犬の理解に繋げて、旅に行けたらいいな。

今回のイベントは何よりも感謝しなければならないのは仲介してくれたAnnieさん。
Annieさんより引き継いでKenaさんが台湾のメディアの発表場を作るのに翻弄し、
スポンサーになってくれたZhengさんは観光局の人です。
日本語通訳及びバックアップしていただいた日本人のKさん及び観光局職員である
Changさん。 

最初は単なるメディアの紹介だけで終わるかなと思っていましたら、
ステージまであがらさせて6000人+TVメディアが歴史の証人となってくれました。
台湾観光局の気配りに本当に感謝しております。
この場でお礼を申し上げます。

また、
このツアーに聴導犬と一緒に行くといった時はもちろん戸惑いがあったはずです。
しかし、お客さんの希望を聞いて叶えるというモットーで有言実行してくださった
株式会社トッパンとラベルサービスの井上さん。
井上さんより現地の旅行社東南旅行社の王さんが初めての扱いにも関わらず
聴導犬のために快適な旅となるようセッティングしていただきました。
その会社のガイドさんの陳さんも丁寧に筆談及びゆっくりはっきりした口調で
話していただきました。

この旅は本当に多くの人に支えられています。
その縁がなくならないように大事にしていきたいと思います。
[PR]

by yummypon | 2007-11-01 23:13 | 台湾

日本へ

日本へ帰国する。

朝に見たホテルで面白いもの見つけた。
週間天気予報
c0052779_22591128.jpg


空港への迎え車がやってきた。
今回いろいろお世話になった東南旅行社
王さんが直に空港内の検疫所に連れて行ってくれた。
ホテルの交渉、イベントの交渉は全て王さんがやってくれたのです。
初めて聴導犬が来ることでどうしたらいいかわからなかったはずなのに、
お客さんの希望を100%聞いてあげることをモットーにしているだけに
気持ちのいい旅になりました。
ホテルの広い部屋の用意をしてくれたのも王さんの力によるものです。

今回は本当に台湾の人だけではなく色々な人に支えられました。
感謝でいっぱいです。
本当に台湾が好きになり、何度でも行きたい国です。
この旅のことを6冊目の本にして漫画にして
日本語対訳中国語で発行したいな。
台湾の人たちに感謝を込めて。

そして、
飛行機のゲートへ
c0052779_2353869.jpg


機内では座席の間になってしまった。
どうしてなのかと聞いたら
シートベルトをしないサミーは危ないので安全のためにシートの下に伏せて欲しいのこと。
安全圏に入ったら自由にしてもよいのこと。
しかし、連日寝る時間無くずっと歩き回っていたサミーは疲れているのでぐっすり。
c0052779_2381969.jpg


最後の台湾の空
c0052779_2384450.jpg

[PR]

by yummypon | 2007-10-30 22:58 | 台湾
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30