カテゴリ:アメリカ( 11 )


ゆんみの休暇?

静岡から帰ってきたかと思えば、ゆんみは何かと準備していく。
今度はわたし抜きで行くようだ。

ゆんみ曰く
ずっと置きっぱなししていた荷物や銀行口座を閉じるそうだ。
体調不調によりボストンから帰国して早5年。
あっという間だったな。
外資系の仕事が決まり、そのまま就職。
その同時に東映教育映画制作。
聴導犬講演もそのころから始まった。
サミーマンガ出版を実現し、2冊目の漫画も出版した。
やく5年間勤めていた会社を退職し、今は自由の時間を得たことで
全国へ動けるようになる。

そして、なかなか行けなかったボストンへ。
明日の16:10に成田からデトロイト経由でボストンへ。
戻ってくるの13日の金曜日 夕方。

今までアメリカには欠かさずサミーを連れて行ったけど、今回は留守番。
急に決まったことで、手続きが間に合わないこと
ボストンではばたばたした日程になり
高齢したサミーにはストレスになる。

アメリカに1か月滞在といった長期間で
サミーとゆっくりアメリカに周りたいとゆんみは思っている。
[PR]

by yummypon | 2009-03-08 21:32 | アメリカ

2月20日/2月21日 帰国

日本へ帰国!
朝の5時半にホテルを出た。
インターンを出たのはいいが、暗くてどこへ曲がればいいか分からず
迷ってしまった。。。
早めに出たおかげで何とか時間内に無事にレンタカーセンターへ
たどり着けた。
搭乗手続きして、アシストをお願いした。
今回はシカゴ経由で成田へ。

↓そのときの機内食にて
c0052779_16464250.jpg


そして
成田にはお約束のカムイパパが迎えに来たとさ。
助かりました。
[PR]

by yummypon | 2006-02-26 16:47 | アメリカ

2月19日 ヒューストン市内観光

昨日ゆっくり休んだおかげが調子が戻ってきた。
食欲も出てきたしね。
そして2時半ごろMaryが迎えに来てくれた。
まずはホテルからすぐ近くのNASA SPACE CENTERへ。
野口さんが訓練して、記者会見した所ですよ。
時間もあまりなかったし、$25払ってすぐ出るのはどうかと思ったから、
中には入らないで回っただけにした。
NASA SPACE CENTER通りにはこのように表示されています。
日本の旗もありますね。
c0052779_10423287.jpg

そしてスペースシャトルではないけど飛行機のモデルがあります。
c0052779_1048121.jpg


フロリダにもありますが、雰囲気がまだ違うんですよね。
↓フロリダには大学卒業祝いで行ってきました。実際に入場してきましたよ。
c0052779_10465144.jpg

c0052779_10493118.jpg


スペースセンターのあとは
ヒューストン大学のキャンパスへ。
そのあとに、ヒューストンのタウンダウンへ。
動物園、野外劇場、科学センター、公園がひとつにまとまっていて
効率的ですなあ。学校のフィールドトリップでよく使われているそうな。
そして
アメリカ大リーグのヒューストンのホームグランドです。
入場ゲートには巨大なボールをかたどっています。
c0052779_10521077.jpg

ユニークなことにスタジアムの周りには汽車のオブジェクトがありました。
c0052779_10543047.jpg

全体の雰囲気は
c0052779_10551018.jpg

↑全天候型の屋根になっています。ドームなんですね。今はオープンの状態です。

そのまままっすぐ行くとなんとトヨタセンターで
ちょうどオールスターNBAが行われており
交通規制がとても厳しかったので近づくことはできなかったが、
外の様子の写真だけは撮ることができた。
c0052779_10595317.jpg

ヒュートンにはロケットというNBAチームがある。ミン・ヤオという中国選手が活躍していますよ。

今思えば私は結構大リーグのスタジアムを見に行っている。
中には入ってことはないが。。。
写真を撮っておけばよかったなあと悔やまれる。
今までに見たスタジアムは
ニューヨークヤンキーススタジアム(松井選手) 、ボストン レッドソックススタジアム、 
バルディモア スタジアム、シカゴ キューブスタジアム、 
シカゴ ホワイトソックススタジアム (井口選手)、オークランド アスレチックススタジアム、
サンフランシスコ ジャイアンツスタジアムですね。
みな私が住んでいたところのチームなんですよね。
すべての大リーグスタジアムめぐりで写真を撮るのは面白いかもね。
住んでいるときに撮っておけばよかったな。いまさらね。

こうしているうちにあっという間に日が暮れた。
まあ、2時半に出たらそうなるわな。
Maryと一緒に夕食をとって、ハグしてさよならした。
Maryは日本に無事に着いたかどうかメールしてねって。
Maryのおかげで短時間でいろいろ見回ることができた。
私が運転したら迷ったりして無駄な時間を過ごすことになっていたはずだ。
無駄なエネルギーを使わず、今夜は荷物を片付けて早く寝ることにしよう。

これでテキサスの旅はお終い。
日本へ着いたらすぐ沖縄の旅。
アップできればアップしますが、マイPCは沖縄まで持っていく予定はないから
沖縄旅行のあとにまとめてアップします。

みなさん、視覚的にテキサスの旅を楽しめたでしょうか?
アディオス。
[PR]

by yummypon | 2006-02-20 11:12 | アメリカ

2月19日 いよいよ

今日がヒューストンの最終日です。
いよいよ明日帰国です。
うれしくてたまらん。
最初は早くこっちにきたかったのに今は早く家に帰りたい。
まあ、観光で来ているわけじゃないからね。

今日もフリーだけど
どこへにも出かける気がおきない。
晴れ女の私には珍しく曇っている。
晴れたら絶対に出かけている私。
神様はちゃんと見てくれているんだと思う。
とにかく休め!

昨日一日休んでいたら少しは良くなった。
咳は完全に止まったし。
もう少し休んだほうがよさそう。
帰国した翌日は本当のバカンスの沖縄が待っている。
そのためにもフルパワーで沖縄へ行かないといった意味がなくなるから。

ここで費やしたのはほとんどガス代だな。
1000マイル以上も走ればそうなるわな。
ここでの週末はひたすら休養!

マイPCを持っていってよかった。
毎回は父が迎えにきてくれるのだが、今回はバカンスに出かけていないのだ。
一人で成田からリムジンバス、京王線、徒歩というふうに気力で頑張って家に帰ろうかと思っていた。MSNチャットでカムイパパと話した。ちょうどカムイパパは私の帰国日には会社が休みだと。迎えをお願いしたら快く了解してくれました。良かった!持つべき友よ。

ほんまに今の私はぼろぼろですわ。
くたくたですわ。
迎えがあるのは本当に助かる。

あとは明日の朝5時半にホテルを出て
レンタカーを返却、
搭乗手続き→ ヒューストンからシカゴ経由成田。
シカゴで乗り換える必要があるから今回もアシストを頼もうっと。
シカゴから成田までは安心してぐぴーの状態になるだろう。
成田に着いたらカムイパパに会ってそのまま自宅へ。
成田に着くのは翌日の夕方5時なのである。
長旅だよなあ。まる2日間かかっている。

そして翌日は朝早く沖縄へ出発。
でも、一人旅ではないからある意味楽だ。
そして沖縄へはバカンスだから好きなだけ楽しめそう。
楽しんでくるぞ!

今回の旅は踏んだり蹴ったりでしたけど
すべてはプラス思考で
ヶ・セラセラじゃん。
試験を受けられなかったことはがっかりではなく返ってよかったと思っているし。。。
私の向けるべきのエネルギーはこっちではなかったということ。
ほかに向けるべきだと分かっただけでも大きな収穫。
[PR]

by yummypon | 2006-02-19 23:36 | アメリカ

2月18日

今日はどこにも行かずずっとホテルで冬眠していた。
死んだようにぐぴー。
体が痛い。腰が痛い。
はー、20代の体がほしいわ。
見た目は若くても体は正直である。
起きるとクラクラ。めまい。。。
ちょっと咳が出ている。
ゆっくり休んだほうがよさそう。
サミーも心配している。いつもなら起きろ!っていうのに
今日は遠慮してくれた。
いたわってくれているのが分かる。
休むべきだよな。今日は。。。

というわけで今日はぐぴーです。
[PR]

by yummypon | 2006-02-19 11:14 | アメリカ

2月17日

予定とおりIQテストを受けるために予約は8時だった。
迷子になると遅れてしまうから余裕を持って5時半に出た。
片道2時間かかるからさ。やはり迷った挙句についたのは8時15分。
オフィスへ行ったら誰もいないし、入れない。閉じている。
しばらく待つこと8時40分。お天気も悪くなって。。。
まあ、この間の面接で教師歴史が足りないから入学は保留という形となってしまったし、
IQ試験を受けるのに$50もかかるならあきらめたほうがいいかもと思い、
とにかく私はこの4日間ずっと長距離のドライブで体力が消耗してたのでホテルに戻って
眠りたいという気持ちで引き返した。もちろん、置手紙をしていった。

ホテルに戻って、ベッドに入ったらすぐ深い眠りに入った。
私の体は悲鳴を上げていたのだ。
昼前にメールをチェックしたら予約時間は8時半だったということ。
でも私は8時40分まで待っていたんだよなあ。普通ならオフィスは開いている状態じゃないの?先方がいうには8時半についたら置手紙を見たと。筋妻があわん。
もし、受けたい場合は2時半以降に戻ってきてほしいと。
私はそんな気力はない。追加で往復4時間も走る気はない。
しかも、午後にはYUKOという日本人と会うことになっていた。

YUKOはギャローデット大学の先輩でもあり、カナダへ移民した日本人である。
7歳のときに移民したそうで、ほとんど日本語は話さない。
見た目でも日本人というより日系アメリカ人といったほうがいいだろう。
まあ、正確は日系カナダ人である。
彼女はヒューストンで先生しながらパートでLamar大学の博士号をとっている最中である。
彼女の学校へ訪問した。聾学校ではなく、PublicSchoolであった。
そこにはいろいろな生徒たちがいた。聾学生だけではなく、車椅子の学生や天才クラスなど
いろいろなカテゴリーの生徒たちがいるのはいい環境だと思う。

その後、彼女の同僚であるメリーと一緒に夕食をとった。
メリーもギャローデット大学の大先輩であった。
メリーが明日ヒューストン周辺をガイドしてくれることになった。
YUKOはガイドしてあげたいが、週末は博士号のレポートを書かなければならないとして
その代わりにメリーを紹介してくれたのだ。
楽しい夕食であった。ここに来てから久しぶりに人とゆっくり話した。
今までは筆談のみでちょっとした話ができなかったからだ。
面接のときは手話で話したけど気軽にしゃべる状態ではなかったからだ・。

夕食の後はYUKOの家にいた。
タウンハウスで2階建て。
彼女はヒュートンに来て5年目になるそうだ。
博士号は2年前からパートでとっているそうです。
彼女にはロッキーという12歳になるシュナウザーがいました。
サミーを見るなりほえ続けていた。サミーも吠え返す。
しばらくしたらお互いにおとなしくなった。
ロッキーはやはり年なのか年寄りに見かけるこぶが体中にいくつか見かけた。
そして目には網白がかかっている。
ロッキーの父も網白になって失明したそうだ。
ロッキーは猫みたいに私になついていたのでゆんみ流のマッサージしてあげると
うれしそうにもっとしてと体をずりずりしてくる。
サミーは負けないと割り込んでなでて!
左手はロッキー右手はサミーという忙しさであった。
10時前にはおいとましました。

明日はメリーがガイドしてくれるから
運転しなくてすむかと思うと嬉しい。
13日にここに着いて以来もう1000マイルも走っている。
すごい距離だこと。。。
[PR]

by yummypon | 2006-02-18 14:31 | アメリカ

2月16日 オースティン

ほんまにヒューストンからオースティンまで遠いわ。本当はLamar大学の近くのBeaumontに滞在する予定だったけど、オースティンへ行くことを考えて真ん中のヒューストンにした。それが正解だった。本日はUSDAにて11時の予約を取ってある。USDAでスタンプがもらえないとサミーは日本へ帰国することができないのだ。ヤフーマップでは4時間かかると。初めていく道だから30分余裕を見て行こうとして6時半に出た。ところが、ヤフーマップに落とし穴が。。。本来ならI-35南へ行くべきだったのに、ヤフーマップでは北へとなっている。いつにだっても11ストリートの表示が出ない。どういうことだ!道を間違えたのか?そういうに限ってはガソリンスタンドへいって聞くことが一番。地図を購入して、確認した。それまでは地図など買わずにヤフーマップで済ませた。やっとUSDAにたどり着いた。

約束の11時から大幅に遅れて12時前になってしまった。
アメリカの役所はみな厳重である。入り口には必ず荷物をXRAYを通される。
もちろん人間も空港でやるゲートを潜らなければならない。
サミーは聴導犬である証明書を提出して一緒にゲートを潜った。
カメラを持っているかと聞かれて、カメラは預かりとなってしまった。
2階へあがってルーム220がUSDAである。
入ると女性がフレンドリーに”May I help you. wow, so sweet dog"
必要な書類を渡して待つこと1時間。
狂犬病の証明書と抗体の証明書は?すべて書いてるのに読んでいないなあ。
これとこれですと指して一緒に確認しては、ちゃんと記録されているからOKね。

↓文字や模様が浮き上がっているのが見える?それがNotary(簡単に言えばスタンプ)でもっとも重要なもの。
c0052779_11561557.jpg


そのNotaryとして76ドル払った。
そして急いでテキサス聴導犬協会へSheriに会うために向かう。
1時半ごろついたが、不在だった。待ってくれたようだが、会議に出かけたそうだ。
そこは???普通の家じゃん。どこに犬がいるの??
そこはオフィスだけでトレーニングセンターは別の所にあると。。。
せっかくきた以上は見てからじゃないと帰れない!
電話してトレーニングセンターに誰がいることを確認してもらったら、居るので向かうことにした。
そして走ること30分ほどして、やっとついた!
c0052779_1225358.jpg


ケンネルにはいろいろな犬たちがいました。秋田県のミックスです。
c0052779_125627.jpg

中に入って様子を見ようと思ったけどサミーは入れない。
犬たちは捨てられた犬で保護されている犬の為、飼い主と一緒に来た犬を見るとほえてしまう。
焼きもちですね。それでサミーは待機!
c0052779_1271760.jpg


ケンネルに入っていろいろな犬たちを見てなでてあげたかったけどなでることは残酷になってしまうからあえて見るだけにした。その犬たちは心が安らぐ家がほしいと私に訴えているから。
一生懸命にゴマをすって私を連れて行って!って訴えている。
訓練の様子を見せてもらった。その様子を動画に収めているが、どうやってここに貼り付けるかいまだに分からないので。。。お見せすることができん。すまん。
訓練の様子で靴のつま先に犬の前足で引っ掛けさせている。
「何のためにやっているの?」
「タッチなの」
「サミーの場合は鼻でタッチするよ」
参考になる本とかないかと聞いたら、やはりマザーさんが書いた本がバイブルになっているようだ。後はマニュアルみたいなものがあると。コピーがないので後でemailで送ってくれることになった。

3時半にはそこを出た。そうしないと5時間もかかるのでホテルに戻るともう真っ暗になってしまうからで、土地勘のない私が運転すると表示が見えにくいだけに迷ってしまうからだ。明るいうちに。。。もっと居たかったのに。。。

今日一日ほとんど運転だな。
ゆっくり休めていないなあ。
サミーはただ乗るだけで、長ドライブだね。がんばってねと涼しい顔しとる。
慣れているサミーはいいけど私は腰が痛い。首が痛い。交代してくれ!
これから湯船に入ります。明日も朝早いしなあ。

[PR]

by yummypon | 2006-02-17 12:20 | アメリカ

2月15日 ヒューストン市内

昨日、四苦八苦していたワッフルの焼き方が分かってきれいに焼けてはおいしく食べられました。まずは、ワッフルを焼くものに油が入っているスプレーをする。そうすることでくっつかずにとりやすく食べられるのだ。ワッフルの具をワッフル器に入れて、すぐ裏返すことで自動的にタイマーがセットされる。ピーピーとなったら焼き終わっている証拠。タイマーがゼロになっているのを確認して、ワッフル器を開ける。こんがりときれいな小麦色に焼けています。フォークで軽く焼けたワッフルを取ります。後は好みでシロップをかける。

c0052779_4284041.jpg



昨日、獣医さん探しに電話を掛け捲った挙句に予約が取れた所へ出発。
電話ができないのに?便利なものよ。このとおりにワイヤレスのマイPCを持っていた私。
そのPCを使ってインターネットでRELAYサービスを使えるのだ。このホテルにはTTD(タイプ式の電話)が設置されていないのだ。その代わりにインターネットでRELAYサービスを使うことができ、そのサービスを使って電話をかけまくったのだ。

ヤフーマップで行き方を確認して15分くらいでついた。
受付に私の名前を確認して、健康診断書を書いてもらうだけだったのだが、問題発生。
住所がアメリカではなく日本だったため、国際の健康診断書の発行はできない!!!
必要な書類はこっちにあって、ブランクの所に記入してもらったうえで、健康診断書を作成すればそれでOK.しかし。。。住所が問題だった。とりあえず、昨日USDAに問い合わせたKellyに電話してどのようにすればいいか確認して!その獣医さんはとても親切でどうすればお手伝いができるかを考えてくれた。できないからだめって門前払いなどしなかった。待つことしばらくしてから、手伝えると分かるとサミーを診察室へ。アメリカでは犬をリフト式で上げてから診察する。
心臓の音、体温、目、歯、マイクロチップの読み取り → 健康診断書の作成。
その後はフォームに必要箇所を穴埋め。
c0052779_57125.jpg


健康診断書には必ずスタンプを押してあることが大事。
c0052779_591868.jpg

しめて診察料は$75なり。。。。ハワイのときもそうだったな。


これでUSDAへ持っていってスタンプを押してもらえる。
フォームAとファームCの右下にそのスタンプを押す箇所があるのだ。
明日の11時に予約を取ってある。
ひとまず、安心。


ホテルに戻った。
はー。
体調が思わしくない。生理のせいだ!
ゆっくり休むことにしよう。

そのとき鏡越しにサミーの目が合う。
c0052779_5135514.jpg

手話で話してみた。クッキー食べるか?
サミーは迷っている。鏡のゆんみを通して言っていることは分かるけどどう反応したらいいか分からず、鏡越ではなく実際に私のいる方向を向いてしまう。実際にサミーの前に言ってみた。
c0052779_5155445.jpg

実際にゆんみが自分に話しかけられていると安心したのが、うん頂戴。

鏡越でも話せるから反応してみぃ。
c0052779_517072.jpg


それでもサミーは嫌だと。
鏡の中に私がいて話しかけていることは分かるけど変だよ!
実際に顔を向けてもらわなきゃあ!
サミーなりにこだわりがいっぱいあるのです。。。
素直に受けとめんかぃ!
[PR]

by yummypon | 2006-02-16 05:19 | アメリカ

Lamar University

2月14日

朝早く目が覚める。眠りたいのに起きてしまう。2度寝、3度寝を繰り返すが。。。
結局5時半に目が覚めては
インターネットすることにした。
日本時間ではちょうど夜だったので、MSNチャットに参加して
カムイパパやシャーリママと話すことができた。
便利だな。

チャットしている間にサミーはどこだ?
ちゃんと机下にいますよ。
c0052779_9212172.jpg


チャットを終えて、朝の散歩。
そして朝食です。朝食はセルフサービスでワッフルを作るのだが
四苦八苦していた私を見かねて焼いてくれた男性。
ありがとう!焼き終えるのに約3分。サミーはじっと座って待っていました。
c0052779_924921.jpg


その後に
明日獣医さんにサミーを日本へ連れ戻すための書類を作成してくれるところに
電話をかけまくってはUSDAにも問い合わせした。
USDAには木曜日の11時の予約。
その後にそのまま聴導犬協会へ。

いざー
Lamar Universityへ下見に行くぞ。
地図を手にして出発。
見渡す限り何もない。
たまに牧場があっては牛たちがいる。
カリフォルニアとはまた違う雰囲気。
2時間ほどかかって着いた。
着いたところはスタジアム。大学はどこだ?
向かいにあった。分かりつらいなあ。
まずはもちろんVISITOR CENTERへ行かなければならない。
車を置くところはいくらでもあるけど、駐車場を払っている人のみになっている。
訪問者はビシターセンターの所に停めれば無料なのだ。
ほんの一部の大学の様子。
c0052779_9311050.jpg


そしてこの旅の目的である博士号への道のための下準備。
オフィスを訪ねていろいろ聞いたり、ちょっとした面接をした。
暗雲が。。。
私はろう教育の修士号はもっているのだが、教師暦が短い。
最低3年ないと博士号として入学ができないそう。。。
私のは1年未満。。。
となると、後2年ほど教師として働いて実績を作った後に博士号として入学がはじめて認められる。うーん。私はそんな時間がない。3年プラス博士号3年で合計6年もかかってしまう。
改めて進路先を考えたほうがいいかも。
この先は無駄な時間をすごすつもりはないのだから。。。

でも、大学側としては歓迎したい!
アジアの学生はアメリカ学生よりも一生懸命に勉強をする姿勢は心を打たれる。
私の友人でもある中国人のYingは中国から留学生としては第1人者の博士号である。
彼女ももちろん英語に苦労していたが、立派に去年の5月に卒業した。
そのためにも教師実績を作って、入学してほしいと。
うーん。

キャンパスを回っている間に声をかけられた。
男性は健聴者なのだが、手話を知っていて私が日本から来たというと
彼は日本で生まれたんだよと。

できるだけ明るいうちにホテルへ戻りたい私は2時半ころに大学を出た。
ここでは暗くなると土地勘のない私には難しいのだ。
日本ほど明かりがなく表示機が見えにくいから。。

ホテルに戻り
昨日からサミーはやたらにドアに向かってほえている。
どうしてかなって思ったらホテルのすぐ向かいがカーニバル会場で
音楽だけではなくバラシュートとかいろいろな音を出しているようで。。。。
c0052779_9434252.jpg


あー眠い。
どうしてこんなときに生理になるんだ。女の体は不便だ。
いろいろ体力が必要な時だっていうのに。。。
眠くてたまらん。
体力保存に必要だから素直に受け止めて寝るとしよう。
ではまだ明日。
[PR]

by yummypon | 2006-02-15 09:45 | アメリカ

はー。疲れた。

やっと着きましたよ。
今、夜の9時半ですよ。出発したのは13日の昼だというのに。。。
ここではまだ13日の夜9時半です。
サミーもやっとご飯が食べれてうれしそうです。
丸2日間食べられなかったからね。

では紹介しますね。

まずは成田空港。
カウンターにてアシストを頼むことにした。それによってショートカットでゲートまで迎えるし、
荷物も持ってくれるからだ。

カウンターの手続きが終わったあとのサミーの待機の様子
c0052779_11494757.jpg


ゲートまで案内してもらったのだが、なんか違うなあ。
そう、第1ターミナルが新しく生まれ変わったのだ。
今までのはとても暗い。。。陰気な。。。
今回はものすごく明るく光がふんだんに入ってくる。
c0052779_11522534.jpg


そして私は身体障害者マークが書かれた席に座ったとさ。
以前のターミナルはなかったんだよ。
c0052779_11543199.jpg


これから乗るのはサンフランシスコ経由でヒューストンまで行きます。
c0052779_1155898.jpg


サミーは立派にこれから飛行機に乗ることは分かっている。
乗る飛行機をバックにして
c0052779_11554990.jpg


写真はここまで。
サンフランシスコに着いたら、入国の手続きをするのだが、
去年の秋からテロの対策として指紋を取るようになった。
私は初めてだったため、まず左の人差し指からスキャンして行った。
次は右の指、最後には顔をウェブカメラでカシャ!
米国入国者に対しての暦がここで記録されるのだった。

スチュワーデスに頼んで、サミーをトイレに外へ出た。
アシストを頼んでよかった。すぐ済むし、ショートカットの恩恵を受ける。

急いで乗り継ぎへ。
テキサスに着いたら、レンタカーの手続き。
不備があるのか、なかなか終わらない。質問されても私は聞こえないから紙に書いてというが。。。やはり書くのは嫌なのかちょっと待ってねってカウンターのほうで一生懸命に処理してくれた。私の借りるレンタカーは56番。あった!いざ、乗ろうとすると使い勝手が分からん。カウンターに聞きに行こうとして、ドアを閉めたとさ。それがロックされて入れない。。。。サミーは中で待っている。あけろ!といいたいところだが、開けられるはずもなく待つことしばし。。。
やっとスペアキーを持ってきたくれて、使い方を教えてもらって初めて空港を出た。
ふー。
テキサスの土地勘がなく迷って迷ってやっとホテルの着いたとさ。

はー
疲れた。
今日はここまで。

このホテルはワイヤレス。ワイヤレスに買い換えてよかった。
おかげさまでこうしてメールが見られるし、ブログのアップもできる。やったね。

とりあえず、今日は何もしないでゆっくり寝よう。
明日は大学への下見に行きます。そうしないとテストの日に遅れちゃうと困るからね。
[PR]

by yummypon | 2006-02-14 12:06 | アメリカ
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31