カテゴリ:sammy( 125 )


お疲れモード

お疲れモードのサミー。

当たり前だ!
昨夜は万が一のことを考えてカートを用意していたんだから、
疲れたらカートに乗ればいいのにさ。
意固地になってさ。。。

まあ、サミーの性格上ではしょうがない。
ただ、毎回兄が散歩へ連れて行くと
結構な距離で歩いて止まったままずっと動かなくなるから
兄が抱えて家まで運ぶ。
それだけで腕がパンパンになって痛い。

その為に兄はカートを買うことを決心した理由の一つ。

まあ、少しずつカートに慣らして
疲れたらカートに乗って景色を見て楽しむという。
車に乗る同じ感覚になってくれればと思う。

今日はトイレだけでそれ以上前に進むことなく
2階へ。

でも、食欲はありますから大丈夫。

昨日は張り切りすぎだって。
誕生日だぞ。
まだまだ頑張れるもんね!

はいはい、サミーの性格は良く分っているって。
無理しないで休むことも覚えようよ。
[PR]

by yummypon | 2010-06-02 16:10 | sammy

散歩

サミーカートをプレゼントした兄がやってきました。
いつ届いたの?
組み立てだった?

サミーに挨拶して、1階に帰ろうとしたら
デートは?とサミーが兄に催促。
兄が「散歩か」
久しぶりに飛び蹴り。

おおおおおおお
ジャンプも出来るくらい復活したか。

兄はやはり
カートを使ってみたい。
しかし、サミーは自分で歩くからカートなんかいらないよ。

念のため、
兄がリードをもち
私がカートを持って
散歩へ。

10メートル、20メートル、30メートル
どんどん距離を伸ばしていく。
息切れしていない。

愉快にスキップまでした。
なんだ?

サミーは変な癖があって
毎年誕生日に近付くと体調を崩したりおかしな行動がある。
誕生日になるとぴったり止んで、通常のサミーに戻る。

今日はサミーの誕生日を迎えて完全に復活か?
そうでもないけど、
元気になったのは確か。

どこまでいけるか
兄と2人で
サミーのペースに合わせて歩く。

結構
てくてく
と歩くじゃありませんか。

いつもの散歩コースを一回りして
最後まで歩き切った。

家に近づくと
兄がカートを押してみたいと
交代。

思ったよりあまり音がしない。
買わなくても良かったのかな?
でも、いつかは必要になるときが来るから
予備と言うことで
おいとけばいいじゃない?

散歩を終えて
2階まで自力でダダダっと上がっていった。

息切れはしていない。

今やすやすやと夢の中
[PR]

by yummypon | 2010-06-02 01:16 | sammy

食欲が。。。

サミーは見た目は元気そうですが、食欲はありません。
昨日はなんとか
朝、褒めて褒めて少しずつ食べさせました。
というかサミーが心配している私をみて
仕方が無く食べたという雰囲気です。

やはりのどの違和感が強く
あまりのどに食べ物が通らない。
ドライフードをふやかして、柔らかくしてから食べさせる方法だが、
拒絶。

その代わり水ばかり飲む。
飲んではすぐトイレへ。

サミーは必ず
自分の誕生日が近くなる1ヶ月間は
体調が悪くなったり、変な行動をする。

まあ、今回は誕生日を無事に迎えられるか?という一つの山になります。

水だけでは栄養が無い。
彼が思い付きで、彼はいつもプロティンを飲んでいる。
それには高たんぱく質なので、サミーには合うんじゃないかな?
食べないなら流動性のもので少しでも体に栄養を送ろう!

試しにプロテインを水で溶かして飲ませたら
飲んだ。

毎日、どうやってサミーに食欲を持たせるか工夫しています。
うーん。

少しの留守番を嫌がります。
傍にいないとサミーは私の事が心配で一緒に行く!となります。
[PR]

by yummypon | 2010-05-19 00:38 | sammy

サミーへのメッセージ

サミーへのメッセージを募ったら
沢山集まりました。
特に毎年伊豆へ行って、交流を深めている人たちが次々と彼らのサミーへの
エピソードが沢山寄せられて嬉しく思いました。

出来るだけ皆さんのメッセージをサミー写真集に載せたいと思いますが、
ページの都合で載せられなかった場合は御承認ください。

今、5冊注文しています。
欲しい人はこちらに申し込んでくださいね。
送付させて頂きます。

ただ、特別に少数で頼むので割高になります。
それでもいいなら、注文を受け取ります。

いま、サンプルを見ていますが、結構いい写真。
本当ならもっと色々載せたいけどね。
10年の歴史があるんだからね。

それを30ページにまとめました。
本当に永久保存版になるのですごく楽しみです。

来週あたりには印刷注文に入ります。
出来上がりはサミーの誕生日前までになるでしょう。

サミーへのメッセージを寄せてくれた人に感謝します。
ありがとうございます。
[PR]

by yummypon | 2010-04-17 20:12 | sammy

コミュニケーター

今日はコミュニケーターに見てもらいました。
昔、ジョイスさんにちょっとだけサミーの会話をしてもらったことがあります。
サミーの事はほとんどわかっているけど、やはり気になるので見てもらいたいなあと
思っていました。

サミーの心の友である元介助犬ニッキーのパートナーから連絡があった。
やはり、彼女は私の共通点がいっぱいあって想いも一緒なんですね。
何をするにしてもよく似ている。前に持って打ち合わせしたわけじゃないのに。。。
ニッキーは14歳。サミーは10歳。
2代目介助犬アルファ6歳。2代目聴導犬ティア2歳。
何かと4歳差。
ニッキーとサミーはアメリカ育ちでバイリンガル。黒犬。
アルファとティアは日本育ちで茶色。
偉大な先代犬の背中を見て、すごく甘えん坊。

久しぶりにニッキーと会いましたが、元気そうでした。
もちろん14歳なので足腰が弱くなっていますが、意識ははっきりして
撫でてとやってきます。
が、
弟分のアルファの方が甘え上手で割り込んで
お尻を上に突き出してごろんとお腹を見せてきます。
そういうしぐさは全くサミーとティアとのやり取りが似ているから笑える。


まずは
ニッキーとアルファとのセッションで1時間。

そのあとはサミーとのセッション。
口話でもできるが、やはり聞き落とししたくないので
パソコンで話しました。

サミーに聞きたいことはどんなことですか?

妹のティアを迎えたけどサミーはどう思っているのかな?

「てぃあ?」と確認した後、「好きよ♪」って言ってくれました。
なかなか理解力のある妹のように感じているようです


今サミーは腫瘍がいくつか体にあって食欲旺盛だけど痩せて行っている様子なんだけど
サミーなりに理解はしている?

そうね…。今感じただけで3か所くらいの腫瘍を感じました。それで、彼女は、その中でも特にのどの下のあたりに違和感を感じているみたい。食べ物が通りにくいという感じ。
あと、疲れやすくなったとも言ってます。たぶん腫瘍によって体力が奪われてるのだと思う。
でもそれが病気のせいというのはあまり理解してないみたい。病院にはちょくちょく行ってるみたいなんだけど、それとこれとの関連性が見えてないというか、そんな感じ。


今、いろいろ食事を工夫して変えているけど獣医さんの勧めたn/dはおなかが合わないのでやめさせたけど、それでよかった?
また、今はゆでたささみでドライフードと合わせてあげているけどそれはサミーにとってうれしいことかなと思っているけどどうかな?

N/Dはとてもおなかが膨れるけど、瞬間的なものみたいですぐにおなかがすくって。ただ「空腹を満たす」ためのものとしか感じられてないみたい。
「どんなご飯がいい?」と聞いたら「お肉!」って元気よく答えてくれましたから、ささみはとっても嬉しいんだと思います。
生肉はあげたことあります?それが好きみたい。そんなイメージも伝わってきたんだけど…。
とっても大好きみたい(^^)知ってるのね!なるほど!!

他には?


できるだけ最後まで聴導犬の仕事をさせたかったけど。
サミーはとてもプライドが高いので、サミーの意思を尊重したいと思っています。
体調が悪いので引退を決心していますが、サミーにはいいのか私にはわからない。
また、聴導犬としての仕事はサミーにとって良かったのか?

そうですね、プライドはしっかり持ってる子ですね。
そこで、彼女自身、得体のしれない体調不調(腫瘍のことね)があるので、引退は彼女のプライドを守ることにもつながるようです。

さっき伝えそびれてしまったけど、食欲旺盛と書いてくれたけど、そうしないと本当に彼女の体力が付いていかないみたいなのです。だから一生懸命食べてるって感じ。もちろん食べることが好きだからなおさら一生懸命なのだけど。

先の続きです。
サミーは聴導犬としての生活はとても誇らしかったと言ってくれてます。
どこに行くにも一緒で、「かしこいのねー」と言われることがとてもうれしかったって。
だからこそ、ですが、まだ彼女が元気なうちに引退をさせてあげるのは彼女のためなのです。
「こんなにふらふらなのにかわいそう」と言われるのは彼女にはとても辛いことだから。


彼女にはトラウマがあると思う。私なりの。。。
風が苦手なんです。昔他の犬にかまれたときに怪我したお腹にたまたま強い風でドアが閉まったのが彼女のお腹に当たったのかきっかけなのかなと思っているのですが。。。

風よりも大きな音が苦手なように感じるのです
それも、急に出る大きな音。なので、花火も最初はドキドキだと思うのです。たぶんすぐに慣れると思うけど。慣れて平気なのは「急に」ではないから。
なので、その時の話に例えると、風にびっくりしたというよりも、ドアのしまる音が大きくてびっくりしたほうかな?と思います。でも、強い風も苦手みたいですね。そよかぜはOk.
なぜ嫌なのかと聞いたら「(風は私が)制御できないから」
どうやって回避すればいいかが分かるものや規則的なものなら大丈夫みたい。

でも、雷は「ごろごろ」が小さく長く続くから、少しは心の準備ができるみたい。いきなり「どっかーん!」はダメ。気圧の変化もあるしね。
そんなときは抱きしめて、耳と胸をさすってあげてください。抱きしめて落ち着かせるのはいつもやってくれてるみたいだけど、耳と胸を触ると落ち着くまでの時間が早くなりそうです。
耳を触るのは音を遮断させる意味。それから、緊張をほぐす意味があります。
胸を触るのはドキドキをやわらげてあげるため。
そして「みんないるよ。大丈夫よ。私たちは全然怖くないよ。だから落ち着いてごらん」って言ってあげてください。


腫瘍はのどあたりが一番苦しいとサミーは言っているの?咳はいませきとめの薬をもらっているから落ち着いているけど。抗がん剤を使わないで自然治癒の方法を選んだ私なんですが。。。

咳止めを飲んでたのね。ということはお医者さんものどの周辺に異常があることは認めてるのかしら?

自然治癒に関して聞いてみました。
「わたしに化学療法は合わないわ」って。なんでも話を聞いていてよくわかってるみたい。
民間療法で煎じ薬とかそういうのが好みみたいです
化学療法はね、体が傷むって言ってます。


外にはっきりと腫瘍があるのね。どんどん大きくなっているけど、取らないでそのままでいいのかな?

伝わってきたのは2つ。
一つは「触ると痛いの」って。あんまり触られたくないみたいね。
で二つ目は「オペで取っちゃったらどう?」って私が聞いたら、「でも年だからね~」って
。予後を心配してるみたいな感じでした。
でも、触ってみたら自然に小さくなる感じがしなかったんだ…。
これはあくまでも私の思いだけど、手術で取っちゃったほうがすっきりすると思うんです。で、それも聴いてみたら「ママは何て言うかな」だって。ママ次第って感じです。

私がサミーに「じゃぁ(腫瘍と)仲よくしていくしかないね」って言ったら、さっき、ゆんみさんの顔をじっと見たの。「ママ大丈夫?それでいい?」って。それから「私は大丈夫だから気にしないでね」って。
腫瘍に触れない限りは今のところ痛みもそんなにないみたい。


じゃあ、いまサミーの希望とかありますか?
山へ行くとか昔みたいに旅に行くとか?彼女の体力との相談ですが。。。
あと、ティアと一緒に出かけるのは好きかな?

「何かしたいことはある?」って聞いたら「ひなたぼっこ!」って。
山は体力がもてば行きたいみたい。自然が好きなのね。
でも、正直言って山登りの体力があるかと言うと、厳しいなぁと思います。
それだったら川とか野原とか、「平らな所」のほうが自然も味わえるし、体力も奪わないと思います。

ティアと一緒の行動については「二ついると邪魔じゃないの?」って。
私はティアがどんなサイズかわからないけど、伝わってくるイメージはサミーとおんなじくらいなのです。一人一頭でもちょっと多いかなっていうふうに伝わってきました。二人で1頭がちょうどいい、と。
でも、邪魔じゃなければみんな一緒はうれしいみたいです。
歩きにくいと思わないことがポイントみたいですね。


今、彼がいるんですけど彼女はどう思っているかな?またサミーは私の兄が大好きで最近は毎日散歩デートを楽しんでいます。

彼がいることは、サミーにとってとてもいい安心材料のようです。「ママのことを気にしてくれる人が増えた」というのは彼女にとってとてもうれしいことみたい。彼はとても優しくて暖かくていい人だっていってます。だからこのままずっと一緒にいてくれるといいと願ってるようですよ。

お兄さんについては「私のペースに合わせてくれるの」って言ってました。気を使わないでいい、とても楽で居心地のいい存在のようです。だから大好きなんですね!


サミーにとっての一番のストレスは?

「我慢」
彼女が我慢しなきゃいけない時が一番つらいって。
どんな時のことかを聞いたら「それはみんなが「サミー我慢してるよね」ってわかってくれてるんだけど、私にはその我慢が一番つらいかな」って。
わかってもらえてるだけに辛いんでしょうね。
そういう意味では病院での治療もそうでしょう。


1週間の留守番はどうかな?海外の仕事で連れて行けない時があるんですが。。。

心配心配心配…。

何が心配か聞いたら「ゆみちゃんがちゃんとお仕事できるか心配」って。
「そばにいて見守りたい」という思いからのようです。


アメリカと日本とどっちがいい?もちろんアメリカで育った環境がいいだろうけど。。。

あのね、かのじょの中では、別々の世界のもののようです。
アメリカはアメリカ。日本は日本。
それぞれにいいところもあって、同じように比べたことはないって。

アメリカでは自由に駆け回ってた頃が懐かしいって、うれしそうに教えてくれました。
体もどこもつらいところがなく、へとへとになるまで動き回ってたみたいですね。
そして日本は日本で、自分の存在価値を自分で理解できたことが何より素晴らしいことだと言ってます。わたしがいることがこれほどたくさんの人に喜ばれるなんて、アメリカでは考えられなかったからね、と。

サミーはすごいね!
わたしたちなら比べてしまうのにね。


今じっと私たちを見てたでしょ?

とっても幸せだから、何にも心配しないでいいよって言ってました。
不満とか、こうしてほしいとか、そういうのはないから心配しないで、って。

サミーと話しててとても特徴的なのは「安心して」じゃなくて「心配しないで」という表現になることなんだけど、この意味、ゆんみさんにはわかるかな?

本当に幸せみたいだよ。
だから「しんぱいしないで」!


サミーが言いたいことは、
わたしばっかり年とっちゃってごめんね。でもいつまでたっても変わらないでしょ?(自慢げ)
心配しないでこれからも仲良く一緒にいようね。ティアもみんな一緒にね。
ご飯もっとたくさんくれても平気だからね!
あと、お散歩は無理していかなくてもいいよ。行きたいときは催促してるし。
(これからも)みんなで仲良く暮らそうね。

ゆみちゃんの言いたいことはちゃんと通じてるから大丈夫だからね。これからもたくさんお話ししてね


温泉はすきだよね?

とくに、ちょっとぬるめのお湯にゆっくりつかるのがいいみたい。

という感じで1時間のセッションが終わってしまいました。
聞きたいことはある?他には?という風に出来るだけ満足していただけるように
しっかり話を聞いてくれたので私なりに納得できるものでした。

ニッキー&アルファとのセッションも
やはり同じように感じました。
お互いに感じたことはだいだいの事は分っているけど、完ぺきではない
その部分が知りたいというか確認したいという部分を知れて良かったということ。

ニッキーも何度か死にかけて無事に14歳という生き延びてきた先輩。

とにかく私がおろおろしてもしょうがない。
腫瘍が大きくなろうか、そのまま見守っていくしかないかな。
まあ、今年は心配ことが沢山あったから私がストレスを抱えてしまった真実がある。
そのストレスがそのままサミーに行っているような気もするから
まず、私が楽しい、明るくしていった方がサミーのためになるだろうね。
[PR]

by yummypon | 2010-04-09 22:17 | sammy

メッセージを募集します。

今、french-off web
サミーの写真集を依頼しています。
毎年、サミーの誕生日に記念として何かを作ってきました。
丁度5年前はサミーの毛を使ったフェルトを作成してもらいました。

今もちゃんと部屋に飾っており、今はいい具合になっています。
その裏には誕生日パーティに来てくれた人のメッセージを書いてもらいました。

今回は6月1日で10歳。
私とともに10年間歩いてきて、常に傍にいてくれたサミー。
もちろん、サミーの写真は沢山あります。
20ページにまとめられるはずもなく、30,40ページになりそうです。
もちろん永久保存版ですよ。
色々なカテゴリーに分けています。
旅編、仕事編、アメリカ編、ゆんみとサミー編、サミーとティア編、メディア編。
どういう風に仕上がるか今からすごく楽しみ。

French-offはずっとサミーを撮って頂いています。
最初の出会いは雑誌でしたね。
ドッグワールドで北海道へ行ったときに、撮ってもらったのがきっかけでした。
彼らは良くサミーの特徴も性格も良く知っているので
私のイメージはちゃんと彼らに伝わっていると思う。
だからこそすごく楽しみ。

そこで
最後の2ページもしくはもっと?を使って
サミーにかかわった人からメッセージを集めたいです。
ペンネームでも本名でも結構ですので
サミーに対してメッセージを寄せてください。
サミーファンからのメッセージも受け取ります。

これは売り物ではなく記念品として作成します。
このブログを通しても、サミーのおかげで沢山の人に出会っていますし、
10年間ありがとう。
これからもよろしくね。という感じの写真集になります。

サミーの誕生日前には出来上がる予定です。
一応3冊お願いしました。
1冊は触れずに保存。1冊は開いて楽しむ。1冊はブリーダーであるAnnieさんに。
[PR]

by yummypon | 2010-04-07 22:21 | sammy

お疲れ様

今日は横浜リハビリセンターへ行ってきました。
そこでサミーは認定を受けました。
認定した後に毎年アフタフォローとして調査書が送られています。
もちろん健康診断書や、犬の近状など報告します。

今回は、サミーの引退を決めたので
郵送ではなく直接リハビリセンターへ向かいました。
そこでは懐かしいOさんがいました。
Oさんはサミーを聴導犬として認定した人たちの一人です。
協会から連絡が入っていたので、サミーの具合は悪いの?
サミーに向かってやさしい顔でお疲れ様。
いままでよく頑張ったね。
仕事はあるの?
と聞かれたので2つの大学で日本手話とアメリカ手話を教えることになっています。
でも、サミーは聴導犬ではなくなるけど元聴導犬として受け入れてくれるなら
一緒に行こうと思っています。
Oさんはもちろんサミーの実績で認めてくれるでしょう。
まあ、これからはゆっくり体調と相談しながら元気でいられたらと
サミーをねぎらってくれました。

引退に当たって、認定証と表示を横浜リハビリセンターに返却しました。
あとは処理が終われば、完ぺきに引退です。
元聴導犬として受け入れてくれて、サミーの体調が良ければ
出来る限り一緒に出かけたいです。

サミーは聴導犬として、仕事しているという誇りが強いので
サミーがその意思があるなら尊重していきたい。
サミーが体調が芳しくないから行きたいけど一人で行ってくれる?留守番すると言われれば
サミーを留守番して出かけます。

きちんとサミーの声を聴きながら、相談しながら のんびりと暮して行きます。

サミーちゃん
約10年間聴導犬としてお疲れさまでした。ありがとう。
でも、親子関係はまだ続くから
ゆんみのことよろしくね。
[PR]

by yummypon | 2010-04-01 14:47 | sammy

サミーのお里

おとといサミーのお里に行ってきました。
誰よりもよくグロを知っていて、サミーを取り上げたブリーダーのところへ行ってきました。
パピーもいるからパピーの若いパワーを頂こう!

連休の土曜日は恐るべし。
混んでいるし、なかなかつかない。
まあ、ドライブだね。

近くまで来ているのに、迷った。
今のカーナビはいまどき古いCDナビなんで、目的地までたどり着けない。
途中まではカーナビ、後は私の記憶になるか、ちょっと違う道に出て
なかなかつかない。
お蕎麦屋さんに、道を聞いて、やっとたどり着いた。

犬たちが吠えだす。
いつもより、多い。
そこではペットホテルもしているので、連休の影響で
いつもより沢山預かっている。

犬たちの騒ぎでブリーダーが迎えに来てくれた。
サミーを母屋に上がると、貫禄なおばあちゃまが。
c0052779_12233491.jpg

もうすぐ16歳になる。
サミーの直祖母はメリーばあちゃん。
そのメリーばあちゃんの姉妹の犬。
いまだにしっかり自分の足で立っています。

ブリーダーからいろいろサミーの症候に対してアドバイスをもらう。
獣医さんよりブリーダーのアドバイスの方が納得できる。
沢山グロを見て、沢山出会いと別れを繰り返したから。
たいだいのぐらいフードは炭水化物が多い。そうなるとサミーの体に行き渡らず、
肉腫を大きくする。

ブリーダーからのアドバイスは以下の通り:
いくつか補足しておきます。まず炭水化物は腫瘍の栄養になってしまうので、
極力減らし、なおかつサミー自身に必要な量を、ということで処方食を
勧めています。アーチ、アンジーの場合には年齢的なことと、また仕事を
している犬ではないことなどから、悪性腫瘍と診断がついた段階から鶏肉や
卵や乳製品中心の食餌に変えました。徐々に食欲がなくなる病気なので、
たんぱく質メインというのは助かりました。
サミーはまだ若いしお仕事中なので、処方食(療法食)を探して与えてみて
ください。プラスたんぱく質を多く取らせるといいと思います。

そういえば、サミーは以前より異常な食欲があるが、前より少しやせてしまった。
食糧をこの1カ月増やしたが、一向に元に戻らない。

これからはたんぱく質のものを増やしてあげると、肉腫にはいかず
サミーの体に行き渡るようになる。
ヒルズn/dをあげるといいよ。
ブリーダーからのアドバイスは以下の通り(自分のメモとして)

n/d以外でも蛋白質として、鶏肉(むね肉がよい)牛肉(安い赤身がよい)豚肉(これも安い赤身で)白身魚、卵(黄身だけならおなかは壊さないし、生でも好んで食べるはず)
乳製品(チーズ、バター、ミルク、ヨーグルト)をどんどんあげてください!
もちろん業務用の冷凍もので充分です>肉・魚類。どちらもボイルして与えます。

あとサプリメントはここが安くて便利です。

βグルカン
http://www.qolqol.com/prdlist.asp?L=10009

抗酸化作用・アスコルビン酸(ビタミンC)
http://www.qolqol.com/prdlist.asp?L=20173

抗酸化作用・トコトリエノール(ビタミンE)
http://www.qolqol.com/prdlist.asp?L=20593

コロストラム(免疫力を高める)
http://www.qolqol.com/prdlist.asp?L=10012

サプリメントは長く続けないと効果が現れないけど、副作用が無いから適宜与え続けます。

サミーの母であるアーチママは
2003年 4月7日に余命三日を宣告されたんです。
3月26日にサミー達の次の子達を産んで、4頭の乳飲み子を育てていた
アーチでしたが、突然、まったくの突然に原因不明のハートアタックで 倒れたが、
でもアーチは復活したのです!
手術をしたわけでもなく、ただただ酸素吸入と点滴で。
パピーを育てなければ!と思うアーチの思いが奇跡を呼んだのだと私は
信じています。
その後、アーチの心臓は徐々に回復し、停まっていた弁も動き出して、
2008年12月25日まで長い長い「あと三日」を生き抜いてくれました。
サミーはアーチの娘、アーチにとてもよく似た娘、だからサミーも奇跡を
起こしてくれる!

そう祈っています!とブリーダーから心強い言葉を頂きました。

ブリーダーからアーチママが長い余命「3日」を生き抜いて、お守りとして持っていたものを
サミーにくれました。
サミーに身につけてもらうと取れてなくしてしまうから、私が持っていることにしました。
アーチママのアルバムを開きながら、しんみりと話してしましました。

私は日本獣医センターから言われた2日間だけ泣きました。
いつまでも泣いても何もならないし、サミーを見ると
「私はまだ行かないよ。何泣いているのさ。そばにいるでしょ」と
言われているようでしたので、くよくよしてもしょうがない。
今できることをしようと決め、涙はどこかにおいてきました。
きっとサミーは「千の風になっての歌のようになるでしょう。
いつまでもずっと姿を変えてもそばにいることでしょう。

実際にお里にくると、ここはいろいろ生命があふれています。
もちろん、メリーばあちゃんやアーチママが亡くなったところでもありますが、
このようにパピーが毎年生まれてきます。
必ず死は迎えるものですから、大事なのはどう今を生きるかですね。

今回のパピー達
c0052779_14302817.jpg

c0052779_14301613.jpg


どうですか?
生命にあふれていますね。

ホリーばあちゃんはとてもパピーが大好きなんですが、今回は16歳である高齢で
昔ほどパピーと遊べないが、気持ではまだ若い。
パピーは積極的にホリーばあちゃんに絡んでいく。
c0052779_14331728.jpg


今回はホークがお里に来ていたので、ヴィクと3兄弟で写真を撮ることにした。
なかなか3匹そろうことはない。
サミーの兄弟は日本とアメリカで分れている。
日本ではあともう1匹、ルナという子がいるけどいまだにあったことがない。
日が暮れる前に撮りましょう!

c0052779_14354123.jpg

c0052779_14355748.jpg

c0052779_143679.jpg


サミーとヴィク 似ているよね?
c0052779_14364042.jpg

しばし3兄弟でお散歩

神の御加護があるように 一つの光がサミーに
c0052779_14381420.jpg


ブリーダーさんによるドッグショーでのポーズをとるサミー
c0052779_14384943.jpg


お里はいいね。
サミースマイル全開
c0052779_14393529.jpg


こうして
サミーの兄弟に会い、パピーからの若いパワーを頂き、ホリーばあちゃんの勇気を頂きました。
[PR]

by yummypon | 2010-03-20 12:17 | sammy

うふふふ 楽しい遊び

サミーの大好きな綿抜き!
Toyを破って綿は食べずに中全部出し切るというサミーの十八番遊び。


すべて抜き取ると、興味なしで放置してしまいます。
私がその綿を集めて中に詰めると又遊びだします。

その綿でサミーをいじり、ゆんみなりに楽しむのだ。
5連写!
c0052779_20553891.jpg

c0052779_205407.jpg

c0052779_20541516.jpg

c0052779_20543843.jpg

c0052779_20545745.jpg

[PR]

by yummypon | 2010-02-11 20:55 | sammy

犬遊び

http://www.p-grandeur.com/へ泊ってきました。

1月7,8日2日間山梨でゴルフ打ち始めしてきました。
山梨と言えばボーイがいるな。
よし、ボーイに連絡したら会ってくれるということで、夏以来の再会です。
ボーイの紹介でそのペンションに泊まりました。

オーナーのワルターさんは面白い人です。
聞こえないことを事前に伝えてあったから大きな身振りで迎えてくれました。
さっそくサミーはテニスコートで走り回っていました。
山はいいね。車からずっと山をうれしそうに眺めていました。

ペンションの夕食は美味しかったですよ。
メイン魚料理にはマグロを黒ゴマでたっぷりまぶして焼いては黒酢であっさりと食べられました。
もちろんワルターさんはドイツ人なので
ドイツ名物ソーセージが出てきました。
夕食にはサミーの宣伝タイムになってはいろいろおしゃべりしてしましました。
ペンションのスタッフは手話を覚えるって言ってくれました。
今度行ったときはもっと話が弾むね。

翌日は
ボーイと待ち合わせしてその公園で一緒に走り回る。
最初にサミーに喝を入れられたボーイはサミーに遠慮してしまう。
あはっは。
ひろい公園でその公園は古墳があるのですよ。
もちろん坂になっているのでサミーのお気に入りの地形なので
走り回っては駆け降りていきます。
駆け上がりはやはり年なのかゆっくり上がってきましたが、下りのほうはまだまだ現役でいけます。

夕食はドギーズカフェ
食事しました。おいしいよ。
プレートだけどサラダがたっぷり。
たいていの店は少ないのに、その3倍以上はありましたよ。
うれしい限りです。
そこでは若鶏に黒ゴマをまぶして食べました。
ゴマが好きな私は好きなもの食べ放題というかんじでおいしく頂きました。
" target="_blank">
[PR]

by yummypon | 2010-01-10 15:54 | sammy
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31