カテゴリ:友達( 10 )


キャトル

今朝、のんびりに芦花公園へ散歩していたら
ドッグランから手を振っている人がいる。
うーん。誰かしらね?でもサミーって呼んでいるっていうことは知り合いだよな。
近くまで行ったら犬友達のうちの一人でした。
連絡先をお互いに教えることなく、その場で会う関係です。
本当に久しぶりに会いましたが、いつも連れいるのはロットワイラーの「くま」。
しかし、今日いるのは???
2頭目の犬だって。 

見た目は黒ラブ。それにしてもでかすぎる。
何かのミックスであることはわかるが、何だろうと思ったら
ジャ-マン・シェパードとのミックス。
お父さん犬の写真を見せてもらって納得。
鼻とおしりがシェバードで、全体的はラブですね。
久しぶりにサミーよりでかい犬に会いました。
サミーはアメリカでそんな犬たちと遊んでいましたから、すぐその犬と
遊び始めました。
名前は「かける」フランス語で4という意味なんだそうです。

大きな犬フェチ私は抱き抱きしちゃいました。
サミーとかけるは走り回るのですが、もちろん体が軽いサミーの方が早い。
おいつけないとなると「キャトル」は悔しがって
ワンワンと泣いていた。
サミーはめったにほかの犬と遊ぶことはしない。
相性の問題があるようだ。
しかし、彼女の犬はいつも遊んでもらっている。
「くま」も「キャトル」もとてもいい犬です。
でかい犬2匹だから、2匹同士に連れて行けないそうで
1匹ずつ散歩しているそうだ。

そこでシッパキーがやってきて黒3匹、大中小ですな。
ブルドッグもいてかけるはブルドッグをおもちゃのように遊んでいました。
サミーは?ブルドッグには興味ないようで。。。
誰でも遊べる子ではないからなあ。

そして、
家に帰って2時半頃から突風。
家に中にいてもよくわかるくらいの風の強さ。
家が揺れている感じがあったから。
窓からのぞいてみた公園に竜巻のように砂が舞い上がっているのではないか。
これじゃあ、サミーが怖がるなあ。
さっきからずっとよだれを垂らして
私のそばから離れない。
ブルブル震えています。

いまはその風がおさまりつづあるが、まだ怖い模様。
自然には勝てないことは動物たちがよくわかっているのね。
自然に挑戦するのは人間くらいだね。
[PR]

by yummypon | 2008-02-23 15:59 | 友達

再会

年末から旧友の再会が目立ちますなあ。

本日はギャローデット大学の同級生との再会です。
クリスティという彼女は大学時代から何かとチャレンジ旺盛がすごい。
彼女とは直接話す仲ではなかったのですが、4年のとき直接顔を会わす機会がありました。私がスペイン語を専攻し、教授の助手を務めていたときのクラスの内の一人でした。
ラストネームも近く、卒業式には彼女の後の5、6人めが私で卒業証明書を受け取りましたね。ことの始まりは この間NHKに出演したことです。

彼女は今プロジェクトのため相棒のディブと一緒に世界を旅して、
日本には6週間ほど滞在しています。高知にいた彼女はNHKの番組を見て
私に会いたいとコンタクトを取ったことが始まりです。
メールのやりとりして、本日に至ったのだ。

彼女のプロジェクトはディスカバリーデフワールドです。
スポンサーを得て1年間世界各地へ旅して、ドキュメンタリー映画を作る予定でいます。彼女らの行動を応援してあげてくださいね。
同級生たちがいろいろな方面で頑張っているのを見るといい刺激になりますよね。

4年間同じ場所に共有していたのにも関わらず話す機会が無かった私たちは
一気に距離が縮まり、いろいろ語り尽くしました。
せっかくだから、ギャローデット大学日本同窓会で楽しく交流が出来たらと思い、
集ってみました。急な話の為人はそんなに集まりませんでしたが、
ふたを開けてみれば日本人は皆同じ年の人が集まりました。
卒業した年はそこそこ違いますが、同じ年なんですよね。
また、日本に英語を教えに来ているカナダ人のジョランタさんもギャローデット大学の卒業生です。もちろん、彼女も参加し、国際的な同窓会になったのさ。

不思議な光景です。
アメリカで同窓会なら又分かるが、日本で国際的な同窓会になるとは
思いもよらなかった。

クリスティも私も同感だったけど、
大学にいた時はギャローデット大学は差別だとかいろいろな事情で
大学のことが好きになれずにいた。しかし、卒業した今、大学の偉大さに気がつき、
その大学に卒業したことに誇りを持っている。

ギャローデット大学のつながりでこうして出会えたのだから。
『出会いにありがとう』
[PR]

by yummypon | 2008-02-16 21:15 | 友達

旧友のトルコ人

一通のメールが私を喜ばさせた。
それは大阪にいる友人からのメールだった。
そう、ELIに同時に入学した私と同じくデフファミリーとして入学した
トルコ人のIpekがだんなのConと一緒に来日していると連絡があった。
東京にも行くから私に会いたいのこと。もちろん私も会いたい。

彼女の出会いは1996年の夏。ELIに入学して、ELIOの役員を一緒にやったんだよね。
どういうわけか、その役員はほぼ100%デフファミリー出身。
ELIO長がIpek, ELIO副長がスエーデンのPaulina, 書記はスイス出身のFlorence, そして
会計が私(計算嫌いの私なのに選ばれてしまった)。
という構成であったが、私は会計というよりほぼ副長でIpekと行動していた。
彼女の印象は正しくトルコ人、イタリア人系の気性が激しく感情にももろく
感激屋で積極的に行動していた。
彼女の演技は天下一でしたね。
言葉はいらない。彼女の演技を見ていただければ分かるかと思う。
そのため、母はIpekの演技で虜になりファンになっています。
彼女は98年にギャローデット大学を去った。
それ以来、連絡が取れなくなっていた。

実に9年ぶりの再会。
大阪の友人から連絡先を得て、SMSで試みるが、私が音痴であるため
なかなかSMSでつながらないので、PCメールの方で連絡が取れた。
しかし、彼女はSMSのほうがすぐ連絡が取れたのだ。
そのため本来なら29日に再会を果たすところが、連絡が上手く行かなかったため
30日に再会を果たす。幸いにIpekには東京にも友人がいたようだ。
その友人の携帯メールによりやっと9年ぶりの再会を果たした。

その再会の場は日本ろうの劇団関係者との飲み会だった。
先輩のY氏をのぞいてはみな初めて会う人たち。
でも、私はそっちのけでIpekとの積もる思い出話しでいっぱいでした。
次から次へとどんどん話題が止まらない。
彼女が私のことを忘れずにいてくれたことが嬉しい。
日本へ来ると決まったときに連絡先を探したが、見当たらずどうしょうかなと
思っていたようです。日本にくれば誰が知っている人に会うだろうと信じた結果、
大阪の友人に会い、すぐ私の名前を言って連絡先を確保した彼女。
こうして、やっと彼女に会えた訳です。
お互いに連絡先が分かった今、これから先はしっかり連絡し合おうねって。

彼女は今、ノルウェーの旦那さんを持ち、プロの女優(舞台)として活躍しております。ずっと夢をしっかり持って、夢を実現した彼女に乾杯。
彼女は私がたくさん本を書いてしかも漫画を出したことを噂の便りで知っているようだ。彼女の旦那と一緒にZOOMをウェブで情報を公開している。
しかも無償で世界のろうしゃに情報を提供しています。
もちろん、飲み会の様子もいづれはZOOMに公開するそうです。
大学時代でも詩を書いていたが、彼女はそれを覚えていて
私の書いた詩を彼女が表現するという共同作業ができるといいねと。

語り尽くせないほどたくさん合って、翌日に持ち込んだ。
一応、青山に3時に待ち合わせした。
しかし、SMSが使えない私は連絡がお互いに上手く行かなかった。
彼女はSMSが通じないことを十分理解していたので、東京の友人伝言をしていた。
それは渋谷に変更しているので、私も渋谷へ向かった。
会えるまでは1時間かかった。ずれ違わないように渋谷で1時間ほど待ち、
やっと会えた時はお互いに熱い抱擁!

飲み会で思うように話せなかったのでここでゆっくり
いろいろ話せた。
そして、ZOOMでサミーの本の宣伝をさせていただきました。
日本の漫画文化に驚いては、漫画文化についてのインタビューも
少々入っています。
9年経てばもちろんお互いに成長するんですね。
自分はどうだかわからないけど
彼女は彼女らしくまっすぐに生きていました。
そういう友達がいることは自分に対しての誇りでもあります。
そして大切にしたいものです。

そして彼女らは元旦にノルウェーへ帰国しました。
1回きりの日本への旅ではない!
また来るよって。
今度はちゃんと連絡先がわかっているので
しっかり取り合って、私の家に来ることになります。
今度は私の愛しい生サミーに会うことを約束して。。。
[PR]

by yummypon | 2007-12-31 23:55 | 友達

開店祝い!

今日はマイリンク先にもある介助犬ハイネのパートナーのトモちゃんのところへ行きました。

6月1日 開店しました。
詳細は↓
SCHWANZ シュヴァンツ 店長日記

なのでサミーの誕生日パーティにはこれなかったけど
おめでとうというファックスを頂きました。

ハイネのケープを基にしてサミーの新しいケープが出来上がったのです。

c0052779_17541232.jpg


そっくりでしょ?
c0052779_17544318.jpg


ただ、色違いに、サミーのはHearingDogと入れてもらっている。

ディスクプレーはシンプルにまとめていますが、入った瞬間に目に入ってくるのは
c0052779_17555362.jpg


そのサイズサミーにも着られそうだな。
私はいつになったら着られるのかしらね。

密かに来年こそは結婚して、2年後には子供を産むぞ!
と思っているんですが、関心の彼氏がいない。

トモちゃんの店には本当に個性的で車椅子使用者が使いやすいものばかり。
やはり、使用者がお店を開くことには意味があると思う。
使っている本人しか分からない使いやすさがあると思う。
車椅子使用者だって、できる限り自分でやりたい。
かっこよく決めたい。おしゃれしたい。
そういう夢をかなえようとしているお店。

かっこいいリック、見つけた。
c0052779_17593357.jpg

車椅子用って書いてあるけど、使えますよ。
実際、私もしょってみました。
なかなかいいよ。

時間がありましたら、足を運んでくださいね。
[PR]

by yummypon | 2007-06-03 18:00 | 友達

サミーおつかれさま

今日はサミー専用のカメラマンでもあるゴーパパの出版記念パーティに参加してきました。
c0052779_18582246.jpg

お店は
c0052779_18584265.jpg

しゃれています。
ゴーパパのイメージのそのもののお店でした。

私だけ聾一人だったのでコミュニケーションが大変だった。
もちろん、サミーも一緒に行きました。

出る前までは天気が不安定でサミーにレインコートを着させるべきかどうか迷っていた。
晴れ女が2人いるから、その効力を信じてレインコートなしで
ニューケープで出かけました。

使いやすい。
GOOD.

しゃーりままも一緒に行ったので時々
シャーりままが通訳してくれた。
皆が楽しんでいる間の私は一人で黙々と食べていました。
そんなものです。

いろいろな人がいて、しゃーりままの通訳を通して色々ゆっくり
話してみたいなあと思う人がたくさんいました。
ゴーパパは不思議な人で色々な人が集まります。

写真はすごくシンプルでちゃんとメッセージを残していると言う感じですね。
アマゾンでBerlin + Tokyoで購入できます。
是非手にとって見てくださいね。

その後に
新宿へ向かった。

突然のメールが入ってきたのさ。
まあ、いつものことだから、時間的にも丁度良かった。

もちろんサミーも。

新宿とサミーと言えばお決まりの
エルトリート
メンバーはダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業として来日しているフィリピン、台湾と友人のY君。

台湾のチャイさんは車椅子。
しかし、エルトニートはきちんとした全てのお客さんにサービスが出来ている。
店には2段の階段があったけど、店員の男性がしっかりと運んでくれた。
もちろん、サミーのことは知っている。
何回もサミーと行っている。

チャイさんはスロープが無いなあ。
どこへ行ってもやはりスロープが足りないって行っていた。
チャイさんは積極的に行動する人なのでやはりスロープがあったほうが
自分でいろいろ行動範囲が広がる。
私みたいな人です。
チャイさんは手話が出来て、私の友人のユッキーと同じ。
ユッキーのことを話してあげました。
台湾に介助犬や聴導犬はいる?って聞いたらいない。
盲導犬はいるけど少ないって。
サミーに会えて嬉しいって。

介助犬いたら坂とか引っ張ってもらえて少しはらくだよね?って聞いたら
「うん」
行動家の彼女なら介助犬をパートナーすることで今まで以上に
行動が広がるかもね。
いちいちお願いしてもらうのあまり好まないようだ。
必要限定だけにしたいようです。

フィリピンのウェイさんは私と同じくDeafFamily.
アメリカ手話が出来るのでいろいろいり混ぜて話した。
つまり彼らは今ダスキンで日本に来ているので
日本語の読み書き、手話出来ます。
なので私たちは好きなように。
彼女は動物が大好きで、友人のY君が私とサミーのことを話したら
絶対に会いたい!っていうことで今回の面会が実現したのである。

彼女はASL出来るのでサミーに話しかけてみた。
やはりサミーは疲れていたので
「何?」
ってそっけない。
ははははは。
彼女はめげずにいろいろサミーにASLで話しかける。
嫌がるそぶりは無くむしろ見ている。(聞いている。)
ただ無返答。

チャイさんも手話が出来る。
チャイさんだけが聞こえるので
みんなで話すとどうしてもヒートアップして
ASLで日本手話で早いこと喋り捲り。
チャイさんは付いて行けず、黙々食べていた。
さっきまでの私とおなじ状態だ。

そのあとすぐチャイさんのために話を切り替えてゆっくり日本手話で話す。
サミー漫画を持参してよかった。
いつも営業で1冊以上は必ず持っている。
3人にサミー漫画があるよ。
聴導犬について書かれていて、漫画だからわかりやすいと思うよって
言ったら即買い。
購入ありがとうございます。

フィリピン人と台湾人だけど、日本語が読めるので渡せた。
今、英語版を頑張って訳しているけどって言ったら
英語版のほうがいい!
でも今は無いから許して!
というやり取り。。。
フィリピンも台湾と同じく盲導犬はいるけど聴導犬、介助犬はまだいないようです。
漫画を使って宣伝してね。

あああああああああああああ。
何?
ビデオ持って来れば良かった。
サミーの仕事振りを撮りたい。
今度会うときは撮ってもらうね。いい?
しっかり連絡先を交換する。

これでフィリピンや台湾の補助犬事情が分かる。
レポートするのもいいな。
楽しい一時でした。

Y君いつも紹介ありがとう。
そのために突然今夜暇?ってメールくれたんだよね。
Y君だから、OKというメールが出せた。
他の人なら前にもっていええええええええええええ!
ですね。
[PR]

by yummypon | 2007-05-19 18:56 | 友達

聾の陶芸家


私の講演にやってきた聾の陶芸家の柴山さんの紹介したいと思っています。

彼のHPは天神窯です。

彼の愛犬黒ラブのウィンが出迎えてくれるそうですよ。

彼の努力、人柄によりたくさんの雑誌に載っています。

竹や藁など天然草木の灰による釉薬と粉引を手がけ、

化学釉や着色剤などは一切使用しない。

「自然灰釉は手間が掛かるが、単純な素材の配合でとても豊富な色合いが生まれる」と語る。

自然灰釉による豊かで深みのある色としっかりした造形が醸し出す作品世界、

新しい感覚と伝統の技術を生かし、一層の飛躍が期待される。(Prism Networkより引用)

みなさんも南伊豆へ行く時は是非足をのばしてみてください。
[PR]

by yummypon | 2006-11-02 07:30 | 友達

旧友

昨日、久しぶりに先輩や同級生に会った。
東京国際フォーラムで展示が行われていた手話案内サービス『日立ユビキタススクエア』へ行ってきた。
あることは知っていたが、いつやるか覚えていなかった。
ちょうど母が有楽町で働いていることだけにその情報に詳しかった。
いつものように会社を4時半で退社していそいそ車に乗っていた。
会社から出発してちょっとした後に母からテレビ電話(携帯)がかかってきた。
父は運転中で話すことができず、代わりに私が出たらよくわかんない顔が出てきた。
携帯のテレビ電話の現象がはっきりせず画素ドットが忙しく回っていた。
誰?って聴いたら
なんと先輩!久しぶりだね。
今からおいで!
どこにいるの?
東京国際フォーラムにいるよ。
30分後に行くよ。
という会話で
東京国際フォーラムへ向かったとさ。

青いポロシャツが聾スタッフでピンクポロシャツが健聴者スタッフ。
丁寧な案内から始まり、
新型薄型テレビWoooを手話で説明してもらった。
非常にわかりやすいこと。やはり、私は手話で説明してもらった方がわかりやすいものだ。
プラズマと液晶テレビの違いもはっきりわかった。
簡単に言えばプラズマは映画、スポーツを見るのに適しているのこと。
液晶は明るいので昼間のメロドラマ、ニュースに適しているのことでした。
私が買うとしたらプラズマですね。映画にスポーツを見るのが好きだから。
その新型テレビはハードディスクが内蔵されているので見たい番組をその場で録画できる。
ビデオ録画とはまだ違うものだ。いい面はちゃんと字幕がそのまま録画されている。
だいだいビデオ録画すると字幕がついてこない。
それはいいね。

その後いろいろ案内してもらうはずが、展示場は5時半までとなっておりそこで終了。
私が着いたときは5時だったからね。30分だけの説明となってしまった。
午後半休をとれば、ゆっくり見られただろうに。

その後ちょっとだけ個人的に先輩と話した。
その日立にはたくさんのろう者が働いているので何人が知っている人がいた。
もちろん同級生もそこで働いています。
みんな目を輝かせて生き生きと働いていました。
働きやすい環境にあるのかなとも思いました。

もちろん、サミーもいっしょに見学。
一回り説明が終えた後に一気にサミーをなでなでした先輩。
その先輩は背が高く男性である。
背が高い人男性には結構苦手なサミーなのに喜んでいる。
私が久しぶりに会えてうれしいのがサミーに伝わったようで、
その先輩を警戒心を全く見せないで私と同じようなに喜んでいた。
その先輩はもちろんろう者、手話を使っている、私をよく知っている。
サミーはよく見ていると思う。

この間の講演会でいきなり触れたときのサミーの飛びつき。
昨日の先輩からいきなり高いところから頭をなでられたのに尻尾フリフリ。
いい目をして知っている人になでられているように無邪気であったサミー。
会場ではもちろんサミーの姿には釘付けでした。
写真を撮った人もいました。
たぶん日立の社報でも載せるんじゃないかな?
会場に聴導犬現る!
[PR]

by yummypon | 2006-07-28 20:54 | 友達

出版パーティ

シャーリままが出版記念パーティを開いた。
私は4冊も出しているのに出版パーティはしていない。
どっちかというと自分のことより誰かの為にパーティするのが好きな私。
だからサミーの為に誕生パーティはやるけど、自分のことになると
やりたいのにどうでもいいやって思ってしまう。

それにくれべたらシャーリママは丁寧でしかも、シャーリカードをつくっちゃたりして
感心します。まあ、シャーリがメインなので単なる親ばか炸裂なんですが、
すごいの一言に尽きる。

↓見よ!この額の凝りよう。
c0052779_21354872.jpg

プレゼントの山!

↓インディハウスの食事はおいしいのだ。
c0052779_21363279.jpg


そのときのサミーは?
オフですから野生本能丸出し!
c0052779_21371081.jpg

その前には空パパがいたのですが、空パパに向かって爪をむき出して
どかそうとした。その目先には
c0052779_21381238.jpg


そう、猫のいちです。
遊ばさせろ!空パパは邪魔だ!
しまいにはベンチに上がってしまった。
「こら!降りろ!」
流石サミーはちゃんと私の声を聞いてはすぐ降りた。

気分転換にテーブルを回ったら
c0052779_214022.jpg

この子誰だ?

正解は
c0052779_21403062.jpg

お目めがかわいいマメちゃんです。

ああああああああああああ
しまった。主役のシャーリを撮っていない。
だって、バッテリーがきれたもの。
まあ、あっちこっちのブログに同じようにアップされているから許してね!

初めてあうIVY。
すごくかわいいのに、大きな犬が怖くてサミーに吠えた。
吠えられるとサミーは避けて知らん顔してしまう。
IVYママは頑張って、少しずつ慣らして行っては最後には鼻先まで近づけるようになった。
イエローラブはかわいいね。
[PR]

by yummypon | 2006-06-17 21:31 | 友達

韓国詰め

本日は韓国人の友人と新大久保で待ち合わせ!
ところが新大久保ではなく大久保駅に行くではないか!
新宿駅から乗ったのはいいが、大久保駅行きと新大久保駅行きのホームが一緒。
大久保駅は中央線、新大久保駅は山手線。
隣駅だったから一反新宿に戻って、新大久保駅へ。
待ち合わせ時間前までには間に合った。ふー。

初めて新大久保駅に降りた感想は日本じゃない!
みな韓国人だらけじゃん。
顔を見ればすぐ分かる。
ここがコリアタウンなんだな。
待つこと10分。
遅い!待ち合わせ時間と日時を間違えたかな?
携帯のメールで確認してみたら間違っていない。
まあ、もうちょっと待とう。

待っている間に後ろから話しかけられた。
見るからに韓国人。
流ちょうな日本語をしゃべっていて、はっきりした口調で読み取りやすい。
ゴスペルがあるの。ただでやっています。協会でやっているので、お昼御飯も付いていますよって。もし、良かったら見に来ませんか?
いつもの私だったら、お断り!知らん顔するところだったのに、どういう訳が彼女の人柄に惚れていろいろ話した。
彼女が「声がちょっとおかしいけど、大丈夫?」
私は耳が聞こえないからうまく声が出ないと言ったら
「口の動きでわかるの。すごいね」
「ゴスペルに手話ある?」
「たまーにやっているけど今日はやらないんです。」
「でも聞こえないのに興味はあるの?どうやって聞くの?」
「振動があればわかるし・・・」

その後に手話の出来る韓国人がやってきた。
色々話して盛り上がってきた。
最初に声をかけた彼女はゴスペルをやっているようでやはり
普通の人よりいい耳をしていた。
早速メール交換して友達になっちゃいました。

30分後彼がやってきました。
どうした?
彼も間違えて大久保駅へ行ってしまったとさ。
ややこしいね。

6月9日から12日まで韓国へ行くことになったから彼との打ち合わせ。
コリアタウンにペットショップがあった。
そうだ、彼に聞いてみよう。
韓国の犬事情を知りたいからペットショップとかいろいろ案内してくれるって.
面白い話.彼も犬を飼っているが、病気がち。
動物病院に見てもらったら自分の犬はどんどん病気になるばかり.
それでメンバー制のペットケアセンターに年間3000円払って獣医さんもいるし、トリマーさんもいるし、ペットホテルもあるし何でも施設が完備しているんだって.
そこに入会してみてもらったら犬の病気が治ったんだって.いい病院を探し当てないと怖いね.ペットホテルは700円払えばいいんだって.もちろんドッグランもあるそうです.そういう施設も見てみたい.自由行動とか時間があったら是非韓国のペットショップを見てみたい。
楽しみだ。

どんなルポが書けるかしら?
3泊4日だけど盛り沢山だな。
第1回のイベントだから成功させたいし、PR活動も頑張れなきゃあいけないし。
でも、私は楽しんできますよ。
[PR]

by yummypon | 2006-06-04 20:41 | 友達

本日の主役はシャーリ

「旅は犬連れ」・・・営業、営業。

シャーリって誰だ?
それは毎回サミーと一緒に旅に出ている犬仲間さ!
ちっさい奴だけどママっこなシャーリ。
ほれ↓ そのシャーリが本の表紙になっているよ。

c0052779_2014440.jpg


シャーリママとゆんみは同僚で同じフロアで働いている。
いつもシャーリの情報はいつも一番乗り!
そしてシャーリママもサミー情報は一番乗り!
前回「私は心を伝える犬」をシャーリママにプレゼントしては
こんかいシャーリの本をプレゼントしてもらいました。

早速一気読み切ってしまいました。
字が大きくて読みやすいです。
文頭や文末に立派に脇役として載せてもらっちゃっています。
ありがとうね。

内容は買って読んでくださいね。

感想はね。そうだよね。
狭い日本では呼び戻しができる環境じゃないよね。
私は幸いアメリカにいたから探せばいくらでも広い場所がある。
そこで呼び戻しの練習が自然とできていた。
アメリカでは日本よりも犬社会であったから、そのギャップに
サミーは苦労した。
シャーリは逆でドイツへ行くことで本来の犬の姿を取り戻して
自信をつけて一回り大きくなって帰ってきた。
そしてそこで絆をしっかりと確かめることで
今まで以上のいい関係になっていく。
これから犬を飼う人、犬と一緒に旅に行きたい人、犬のしつけを覚えたい人には
特に犬に対しての初心者にお薦めな本です。

私の本も買って並べて置いてくださいね。
両方ともバイブルな本になりますよ!


↓クリックして応援してね
人気blogランキングへ
[PR]

by yummypon | 2006-05-27 20:01 | 友達
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31