<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


王ジャパン世界一!

やったー!
速報!
初回からしっかり見ていました。
松坂らしい1発病!おかげで目が覚めたのか気迫の投球。
塁に誰もいなくて良かった。
最終的には10-6。
やりました。
ファンが作った垂れ幕をみてなるほどなあと思いました。
横書きには王ジャパン。
縦書きには王者。
まさしく日本は王者になったのだ。

思えば日本は初物に結構好機があるようだ。
ロスオリンピックで第1回野球で金メダル。
去年の世界一ゴルフ大会で世界一。
今回の第1回WBC大会で世界一。
背水の布陣から世界一へ!
わーいわーい
[PR]

by yummypon | 2006-03-21 16:37

グランベリーモール

グランベリーモールへ行ってきました。
本日のゆんみはこれから聴導犬を飼いたいと思っている大学生のアドバイザーです。
その大学生は町田に住んでいるということでそこで待ち合わせしました。
もちろん、車で出かけたとさ。
まずは駐車場へ車を停めて、南町田駅へ向かった。
向かう途中でわたしを見た2人がゆんみを呼び止めた。
ゆんみは????
話してみたらああああああああああ。
思い出した。そうそう同じグロの仲間のZIONちゃんの飼い主でした。
ZIONちゃんの相棒はボルゾイなんです。
今回は飼い主さんだけでお買い物のようです。
そう、グランベリーモールには犬だらけでした。
店の中には入れないところは多いけど、一部は入れますし、
ペットショップがいくつかあります。
待つこと5分くらい。
わたしを目印にして大学生は寄ってきた。
「遅くなってすみません」

ろうの特徴であってはすぐ立ち話になってしまいます。
それよりも座る所へ行きましょうよ。
昼に近いからひるにしよう!
新しく改修してできた店にフードコロシアムで食べることにした。
しかし、そこには聾に向いていない。
注文して番号で呼ばれるからだ。
口をじっとみて、自分の番号で呼ばれたらはいと言って
引換券にある番号とあっていればその注文品をいただける。
彼女からいろいろ質問して来た。
「困ったことはありますか?」
「ない!ぶつかるのは当然なこと。理解がないことは当然なこと。
いかにして理解してもらって次のステップが踏めるかということだから
困ったって言うことはない!」
『大変なことや不便なことは?」
「ない!トイレに行かせることや散歩は当然なこと。それができないのなら
犬を飼わないほうがいい。」
などなど。
彼女は聴導犬が欲しいという強い意志があるのだが、
問題は親の理解がないこと。
親は飼ったら彼女の行動の制限が狭くなる。とかいろいろ言っている様だ。
まあ、心配だから言っていることだと思うけど彼女はもう20歳を過ぎているから
彼女なりに信じて任せてはどうかなって思う。

昼食を食べ終えてその店へ出ようとしたら、
呼び止められて手話で『ありがとうございました』
手の向きが違いますよ。正しい手話を教えてあげて『ありがとうございました』
気持ちのいいえ顔でした。

場所を変えてスターバックスへ。
そこでもゆんみは店員さんに手伝いをしてもらった。
注文して、ゆんみは両手が塞がっていたけど自分で持ち運ぼうとしたら
店員さんがすぐ席までもって言ってあげるからどうぞって言ってくれた。
聴導犬を連れて行くだけで回りは少し手伝いをしてあげようという気持ちが生まれる。
大学生の彼女はそれを見て感動していた。
ろうというものは見えない障害者だから自分から聞こえないことを説明しないと
理解してくれないし、誤解もある。
聴導犬と一緒にいることで、障害がはっきり見えて手伝おうという気持ちが相手から
伝わってきて心豊かに慣れるよって彼女に伝えた。
彼女はそれを実感してそれを母親にメールで説明していた。
どうなるやら?

その後にせっかくここに来たからいろいろな店をみて回った。
ABCマートへ。
そしたら。。。。
猫が浮いている???
いや猫マフラーだ!
c0052779_1957636.jpg

よくもバランスがとれるもんだ。
飼い主は普通に歩きまわっているのだが、猫もなれているのか
見下ろすのか楽しいのか普通に乗っかっていました。

大学生の彼女がLEGO.
ん?LEGOって何?
c0052779_19591497.jpg

童心に戻って意味もなく組み立てていた。
LEGOってすごいね。
スーパーカーとか恐竜とか何でも作れちゃうんだ。
[PR]

by yummypon | 2006-03-19 20:00 | We love dogs

春だなあ

家の近くには結構たくさん公園があって便利。
お気に入りは芦花公園。
ただいま、改修工事しており、ちょっと狭くなっている。
でも、サミーはそこへ行きたい!
菜の花めっけ。
何そのつり目な顔は?
c0052779_19315630.jpg


あっ。天道虫。
c0052779_19331328.jpg

[PR]

by yummypon | 2006-03-18 19:29 | sammy

わくわく?

何でわくわくなの?
春が来た!私の大好きな風が幸せを運を運んでくれたようだ。

まずは、日本が負けて準決勝へ行けないのか?
バカヤロー!後は他力本願でアメリカが負けること祈った。
仕事中でも結果が気になり、こっそりと速報を読んだ。
やったー!でも同じ相手に3回も戦うことになるとは。
背後の陣だ!後はないぞ!頑張れ日本!日本!

英国のSummerFayreに見に行きたいと突然決めたゆんみ。
ゆんみはどうやったらわたしを入国できるか調べたり英国の検疫の人にメールを出して
問い合わせた。語学力が合って良かった。
だって、大使館の情報は古い。アップデートされとらん。
直接その国の検疫の人に聞くのが1番!
丁寧に返事をくださいましたよ。

検疫を受けないで入国出来る条件は3つ。
1.マイクロチップを打ってあること(リーダーが読めるならなんでもOK)
2.狂犬病予防注射を打ってあること
3.抗体検査に合格していること。0.5UI/ml以上あることが条件です。
血を採ってから6ヶ月以上経っていること。

わたしは上記の3つの条件を全てクリアしている。

後は英国政府指定のフォームVCを獣医さんが記入して英国へ申告する。
英国から入国許可が出たらいつでも英国へ出かけることが出来ます。
ただいま、わたしの主医がこれからVCを取り寄せて記入してくれるそうだ。

ほぼ入国確定したと分かったゆんみは喜びの舞!
遊離脱出状態!
気持ちは英国へ飛んでいる。

話は変わるが、
お茶目なドジなわたしは今日もやっちゃいました。
花金!わーいわーい。Go Home Time!
いそいそエレベーターから降りて
玄関を出たとさ。
玄関には2つの扉が待ちかまえている。
第一門は開き扉。ゆんみが開くのを待って出て行く。
最終門は自動ドア。
わたしはその順番を知っているのだが、ゆんみが遊離脱出状態で気持ちがどこかへ
飛んでいると一緒にわたしも飛んでいっちゃったよ。
急ぎ足でHomeHomeと向かって第一門。
思い切りぶつけた。いや大事なわたしの顔はぶつけていません。
ちゃんとよけたさ。やっちゃいました。
ははははは。



[PR]

by yummypon | 2006-03-17 21:02 | イギリス

イギリスへ行く計画

ゆんみは先ほどアメリカのテキサスへ行って来たばかりなのに
また何か計画を立てている。
それはイギリス行き!
犬王国といわれるイギリス。
シープドッグの世界チャンピオンのボーダーコリーもそこにいる。
ゆんみはイギリスの聴導犬協会へ訪問したいと考えた。
ただ、訪問するだけではつまらない。
とりあえず、情報でも。。。
興味深い情報発見。Summer Fayerで聴導犬のデモするだけではなく
他の仕事犬やクラフトなど色々な催しがある。
これなら楽しめそう。
まずはわたしの検疫はどうなるか調べなきゃあと、ゆんみは言っている。
しかし、ゆんみが分かっているのは
検疫「QuarantineまたはHealth」では予防接種証明書(イエローカード)のチェックを行なうが、イギリスでは、伝染病汚染地域経由の入国でなければ、審査は行なわれないのが普通なので日本からの入国の場合、これは不要である。

なのでアメリカの時のような面倒な手続きはなしということだが、
成田の検疫にも確認。日本に入国する為の手続きが必要になってくるからだ。

さっきほどイギリスの動物検疫のHPを見てきた。
質問項目やリストにはヨーロッパやアメリカ、カナダのことは載っていたが
流石にアジアのことは載っていない。アジアから犬を連れて行くのはこぐ僅かであることが
はっきり示されている。まあ、直接イギリスの検疫に問い合わせれば済む話だろう。

実現したらゆんみとわたしはヨーロッパ初上陸!
[PR]

by yummypon | 2006-03-12 19:19 | イギリス

鮭の皮

ゆんみは珍しいものを買うのが好きだ。
ゆんみはいつも気になる店があった。
ペットの健康食というお店。
せっかくだから中に入ることにした。
レパトリーは少ないが、さずかに健康食ばかりだ。
犬用のシリアルが売っていた。
でも、それをわたしに食べさせる気はないようだ。
わたしは何でも食べるのに。
ゆんみ曰く「何でも食べるけど胃がびっくりして吐くから困る」だって。
ゆんみが気に入ったものは『鮭の皮』
それならカルシウムもたくさんあっていいだろうと。
ためしなので1本のみ購入した。
c0052779_199639.jpg

ゆんみが帰ってきた。
約束通りにお土産!
今度は何?
袋に顔を突っ込んだわたし。
早くくれ!
食べてみた。美味しいからあっという間に食べちゃったよ。

[PR]

by yummypon | 2006-03-12 19:10 | We love dogs

シャンプー

本日は1ヵ月後とのシャンプーの日。
ゆんみがシャワーだよ!
はいよ。風呂場へ向かって準備する。
ゆんみがまんべなく水をかけて、丁寧にシャンプーする。
終わると、ゆんみが「ブルブル!」
はいよ。ブルッブルッ。
「もう一度 ブルブル!』
もう一丁ねブルッブルッ。
私の大好きなタオルが目の前に。
擦り擦り!
ブォー!ブォー!
ゆんみがドライヤーでわたしのファーを乾かす。
それが終わるとおやつをもらえた。
気持ちよくて眠くなりそうだ。
c0052779_194472.jpg

横から見たわたし
c0052779_18574892.jpg


その夕方
ゆんみは用事で東京パークタワーへわたしを連れて行った。
家具フェアをやっていた。
その入り口にずっと視線を感じる。
誰だろう。でもその視線は優しそうだから気にしないや。
その視線の主はゆんみの所までやってきた。
興奮した状態で「グロネンダール?グロネンダール?」
「はいそうですよ。よく分かりましたね。皆知らないのに」
「はじめてみました」
彼はものすごく感動して感激して。。。
お互いに名刺を交換し合った。
彼は犬に対する接し方が良くて
わたしは気持ちよく彼のことを気に入ったんだよ。
普段は触らせないのに触らせたんだよ。
その日の夜には早速彼からゆんみへメールが来ていた。
彼はグロを主役した絵本を構想中だとか。
その前にして本物を見られてすごく嬉しかったようです。

[PR]

by yummypon | 2006-03-11 18:52 | sammy

私は聴導犬です。



いまさらですが、改めて自己紹介しますね。
まずはこのイラストをごらんあれ。
↓イラストレターのスズキマドカさんが描いていただいたものです。
c0052779_21495312.jpg

わたしはサミー。
アメリカで生まれたの。
10匹兄弟です。
カリフォルニアの山で過ごしていましたので山が大好きです。
どういうわけが聴導犬になりました。
ママが耳が聞こえないんだよ。
ママの名前はゆんみ。
ゆんみは聞こえないのにあっちこっちと行動しては
いつもあっちこっちへと連れて行かされる。
でもずっと家に留守番しているよりゆんみの側にいたほうがわたしは幸せなの。
ゆんみはたくさん愛情をくれるんだよ。
だからわたしは頑張って聴導犬としてあっちこっちへと出没しています。
街で見かけたら応援してくださいね。
ゆんみは頑張って聴導犬普及のために講演に出かけています。

c0052779_21485097.jpg


わたしの物語が本になりました。
この本に出会えばもっとわたしのことが分かるよ。

c0052779_1843876.jpg


読者からの手紙の 一部を紹介します。

39才主婦(2児の母)

~図書館の新刊コーナーで「聴導犬」という文字を見て、即、本を手に取りました。 サミーの視点から書いてあり、訓練内容などを記したものではなく、生活の仲で思うことなどで、お話に引き込まれていきました。

また、全ての漢字にふりがなもついており、小さな子供から読めるようになっていることも素晴らしいと思いました。私は実は犬より猫派(まだ犬と暮らしたことがない)なのですが、イメージとしては従順な動物という感じでした。

が…サミーは従順を通り越していた!!勿論、犬にも気持ち、気分があって、家族を大切に思うからこその行動なのでしょうけれど、サミーは「心を読み取る犬」なんですね。次はこうして欲しいだろうなって先回りの行動や車が壊れちゃうのでは?!と感じて、知らせる能力、なんて犬にもあるのね!!と、びっくりの連続でした。

勿論犬の種類や生活様式などによっても、信頼関係の築き方って人それぞれなんでしょうけれど…。「聴導犬」と聞くとやはり”道具”のように思ってしまいます。それ用に訓練された仕事犬というように…。でも音や気配を知らせるのなら、サミーのように子犬の時から育てた方がその人にとってのベストパートナーになりやすいでしょうね。他の人とは合わなくても良いわけだから。固定観念にとわれやすい私になんだか、目からウロコの状態でした。(逆転の発想が)~

~アメリカ留学、初めての場所をたくさん訪れたりするゆんみさんの行動力に驚き、また私ももっと色々とチャレンジしたくなっちゃうような気分になって、ゆんみさんの本と出会えて本当に良かった。いつかゆんみさん&サミーにお会いできると嬉しいです。

[PR]

by yummypon | 2006-03-09 21:56 | Profile

大好きなソファの上で

サミーはとってもソファが大好きです。
私が座っているときは遠慮しています。
私の許可が無い限り座ることはありません。
私の隣で座りたいとサミーは訴えた。
どうぞ座ってもいいよっと言うといそいそソファに上がりこむ。
私の半纏を布団にして・・・・
c0052779_2027124.jpg

[PR]

by yummypon | 2006-03-07 20:27 | sammy

新しい車内はどう?

新しくなった車。
その車の大きさはアメリカ時代と同じようなコンパクトな車である。
アメリカ時代はハッチバックで3ドアだったけど今回は5ドア。
前の車はシエンタで大きめだったのでサミーはトランクルームがサミールームとなっていた。
ちょっと寂しそうだったサミー。運転席から結構離れていて、危ないと思っても
鼻でタッチできる距離ではなかった。そう、距離が遠かったんだよね。
今回はリアシートがサミーの指定席となりアメリカ時代と同じ。
鼻でタッチできる距離になりました。
距離がグーんと近くなって嬉しそうなサミー。
どうですか?居心地は?
c0052779_20244681.jpg

[PR]

by yummypon | 2006-03-07 20:25 | sammy
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31