<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


いい天気だ。

今日はいい天気だ。

いつまでも寝ていないで干してこい。

もちろん、フトンとかを干したけど人間もだ!

紫外線が問題だからほどほどにね。

いまや屋上があるからたっぷり干して来ました。

重ねるのではなく1枚ずつ鉄板焼みたいにフトンを焼いてきましたぞ。

薄っぺらな煎餅からふっくらとしてきましたよ。

太陽の光はすごいなあ。乾燥機でそこまでにはならんよ。

強烈な殺虫にもなっている。

洗濯物5回まわしてやっと終わったのがお昼。

昼ごはんを食べた後には

新しく出来たユニクロヘ

私が出かけようとすると

ママはどこへ行く?

ユニクロだ!

ママも行く。自転車で仲良く行こう!

自転車置き場へ行くと

兄嫁がどこへ行く?

ユニクロだ!

3人仲良く向かったとさ。

勇み足だった。。。

まだオープンしとらん。 でも最大な規模ナことは確かなようだ。

ディスクプレーなどみるどすごい。 カラーフルなシャツが2メートルほどの高さまでずっと綺麗に並べているのではありませんか。早くオープンせんか?

芦花公園のドッグランは3月末という表示があったのに2ヶ月伸びて5月末になった模様。
肩透かし。。。
そしてこのユニクロも4月末予定から。。。

このままでは帰れん。ママは疲れたから先に家に帰ったとさ。

私と兄嫁は烏山へ。

売っていた夏みかん 4個で300円ナリ。
色々買い物したいものがあったから後回しして
戻ったら、無くなった。

「なつみかんは??????」

「なくなっちゃったのよ。欲しかった?」

「うん」

「ちょっと待ってね」

かごから幾つか夏みかんを袋に入れてくれた。

パックされていなくまさしく夏みかんの匂いがぷんぷん。

数えたら7個!それで300円なり。

ヤッター どったどおおおおおおおおおおおおおおおお。

家に戻って美味しく頂きました。
[PR]

by yummypon | 2007-04-30 21:36

バベル

本日から

話題になっている「バベル」が公開した。

私が思うには。。。

何故聾の女性が出ている映画は皆脱がないと駄目なのか?

私は聾であり女性でもある。それなりにプライドはある。

今までの映画を見てみる限り どういうわけか 必ず聾の女性は(主役級)脱いでいる。

別に脱がなくてもそれなりの表現は出来るのではないかなと思うんだが。。。

聾という少人数の中でこういう風に描かれてはひとつのステレオタイプにはまってしまう可能性があるからだ。映画という物語だと分かっていても、そういう風に見られるのは嫌なもの。
「愛は静けさの中に」「バベル」「アイラブユー1」など。。。
しかし私がいくら不愉快だと思っても、脱いだ女優達は賞という大きなものを得ている。
脱ぐって言う行為は確かに大変なもので覚悟はいるだろう。
女優という仕事だから何でもやるべきかもしれないが。。。

私は女優ではないが、プチ女優でもある。
映画の為、ドラマのために脱いでくれと、仕事だからと言われても
断ったのだろう。
やはり人の目に触れるから。。。

聾というドラマ、映画には必ず涙頂戴。
聾でもヒーローになれる。涙頂戴ではなくすごいなあという映画を見たい。
最近、聾でもプロで頑張っている人が増えている。
例としては中日の石井選手、ゴルファーの菊池選手。
彼らこそ、聾の中のヒーローであり聾児のとてもいいロールモデルになっている。

昔は障害者は社会に迷惑をかけてはいけない。
後ろに下がっていなさい。見世物ではない。という風に育てられて夢さえもなくなってしまう人が多かったと思う。障害のために夢を諦める。それが正しいのだろうか?
時代は変わった。
今の時代は障害者でも夢はもてるようになり、周りの人も応援してくれるようになった。
昔なら障害だから無理だ。諦めなさい。
今の時代は、できる限り応援するからできるところまで頑張れと。
もちろん自分だけの力では出来ない。
人は皆、皆の力を借りて、才能を見つけた人はどんどん伸ばす。
もしくは才能があると分かって伸ばしてあげる。

ヒーローが増えればそれを自分の夢となって追いかけていく。
いい循環だ。


そういう映画を私は見たい。
もう涙頂戴の映画はいらない。(感動の涙なら歓迎ですが、同情の涙はいらない)
[PR]

by yummypon | 2007-04-29 00:33

ほんじつは誕生日ナリ

あああああああああああああああああああああああああああああ

歳のともに確実にやってきた誕生日。

去年は33だからサンサン輝くぞ!と誓ってもう1年経ってしまった。

輝いただろうか?

良かったといえば誕生日前にサミー漫画を発行できては 2週間で完売したことですね。

まさしくサミー様様です。

昨日、アロマ検定試験の受験票が届いた。

会場は大正大学となっている。

未だに勉強の身になれずにいる。2週間だぞ!

試験日は5月13日。ゆんみピューターは未だ作動せず。。。

無理に勉強しても頭に入らないから、まあ後にゆんみピューターが起動しまっせ。

本日の天気は奇なり。

3時ごろから一緒にいたサミーの心臓が

パクパク

してきた。 ん?雷が来るなあ。

ドロリン、ゴロゴロ、ぴかあああああああああああ

と来た。よだれ だらだら

しょうがない。抱っこしてあげるとそれがすぐ収まるんだな。

2時間過ぎて 雷と暴雨は病む。

さあ、獣医さんの所へ行こう!
狂犬病予防注射を打ちに行き、サミー漫画とサミー本を送呈しました。
地域の人たちに読んで、理解を得てもらいたいという気持ちから。
なんと、その獣医さんのところには盲導犬も通っているそうな。
黒ラブ。
こんな近いところに補助犬が2匹もいるとは思わなかったな。
どれくらいの補助犬が近所に居るのだろう?
盲導犬の黒ラブは見たことが無いなあ。
地元だけでも何匹居るかどうか知りたいものよ。
[PR]

by yummypon | 2007-04-28 18:18 | 誕生日

んんんん?

んんんんん?

事件は昨日の昼前の散歩。

いつものように清水谷公園へ散歩していた。
池のほとりで一休みしてサミーはひなたぽっこする。

し・か・し

昨日は得たい知れぬものを見ては

うううううううううううううううううううううううう。

なんだ?何が起きたんだと周りを見ていると何も無い。
サミーの目線にあったものは

なんと

どこからかアルミの膨らました袋が池に浮かんでいる。

たまに白いビニール袋が浮かぶことがあるが、サミーはそれはごみ袋だと知っている。
浮かんでは動いてもごみ袋じゃんと。

今回は
光っている。
しかも不気味に動いているようにサミーの目には映ったようだ。
止まると、じーーーーーーーーーーーーーーーと視線ははずさない。
風に揺られてゆらゆらと浮き動くと
うううううううううううううううううううううううううううう。

おいっ。それはごみだ。
唸ることは無いよ。

で・も、不気味に見えるよと
横向きで私に目で訴える。
そして
視線をもどすと再び

うううううううううううううううううううううううううううう。


はー。
サミーは本当に良く見ているなあ。
そんなもの見なくてよか。
[PR]

by yummypon | 2007-04-28 00:13 | sammy

アジアワーキングドッグのイベント

本日はアジアワーキングドッグのイベントへ行って来ました。
しかし、結局はおしゃべりだけで終わってしまった。。。。
天はしっかり味方してくれた。
流石私は晴れ女だ。金曜日の時点では雨だという予報。
そうだったら行きたくないなあと思っていた。
でも行ってみたいから晴れて欲しいと願った。
見事に晴れてくれました。犬に優しい気候になりました。

補助犬団体のブースがあって知人と話してきた。
まずはハイネちゃん
c0052779_17304139.jpg

パートナーのトモちゃんは車椅子を使用している。
サミーは車椅子が苦手。
ゆっきーは大丈夫。
そしてトモちゃんも大丈夫以上に大丈夫。
なぜならトモちゃんが大好きなのです。
トモちゃんだ!

今日のゆっきーのパートナーは
アルファ。
c0052779_1740438.jpg


そして
今日もラブリーラブ太
c0052779_17412114.jpg

レトリバーミックスのせいか鼻が短い。下歯が出ている。
でも可愛い。

ブースには
アジアワーキングドッグ、鎌倉の聴導犬、日本聴導犬協会など
並んでいました。それぞれの協会の人たちと話してきました。
鎌倉の聴導犬の会長の松田さんはいつもバックアップを頂いている。
今回のサミー漫画の販売活動にも協力してくださっている。
人とのつながりは大事ですね。
その協会から、本のしおりとマナー袋を購入しました。
本のしおりはすごく可愛いです。
サミーに似たシルエットした犬にHearingdogと書かれている。


しかも今日は突風ですごかったな。
テントの下に居たけど倒れ掛かったので
サミーが怖いよ。
テントの下は嫌だ!と
ただこねてしまいました。。。。

2時には会場を後にした。
会場の近くには日産スタジアム。
c0052779_17471992.jpg

こいのぼりさんがたくさん泳いでいました。
写真を取った後、サミーはしっかり私の太ももに座って離れようとしなかった。
いくぞ。帰るよといってもしばらくはこうさせて。
しばらくこのままで居たら足がしびれた。
強制的なコマンドでサミーを立させて歩き始めたとさ。

車の中ではお疲れでグピー。
しかし、家が近づいたら起き上がってクークーとなき始めた。
すごいな。寝ていても分かるものなのか?
[PR]

by yummypon | 2007-04-22 17:50 | We love dogs

盛りたくさんな一日

本日は講演なり←毎回シャーリママがレポートしてくれています。

午前中は今までと違って身内つまり会社の同僚がほぼ中心に集まっていただきました。
初めて会う同僚もいて、皆さんと会えて良かった。
会社以外に会って話すことあまり無いのでいい機会でしたね。
会社の顔と又違うサミーの別の顔。
へぇーって驚いた人もいました。

犬が苦手だときいていた人がいましたが、近くまでサミーは何気なく近づいたのですが、
大丈夫だったようです。
また、嬉しかったことは少しでも手話に触れて欲しいということで
挨拶程度の手話を毎回教えています。
そうすると皆さんはすぐ使ってくれるのが嬉しい。
本を購入していただいた方からは、教えた「ありがとう」を実践してくださいました。
ほんとうに気持ちがいいですね。
言葉よりも下手な手話でも「ありがとう」は神聖なもので気持ちがいいです。
語源は相撲から来ているのですね。
相撲の土俵は神聖な場所で、これからの勝負は神様へ捧げますという意味で
塩で清めてから勝負に挑みます。買った者には褒美として神様からいただきます。
そのときはただ頂くのではなく手刀で心を切っています。

講演が終わったあとはお腹がすくのでMarrへ向かって急いで食べた。
食べるのがいつも遅い私なのに急いでいるからと
シャーリママより早く食べきってお先に失礼した。

2時に用賀倶楽部へ。
豪華なメンバーが揃った。
犬達も。。。
目的は何かというと
ニュージーランドからのお客様。
ファティマに会える?いやー。かお坊だけ一時日本へ帰国していました。
日本に居るから会わない?となって実現しました。
毎度のこと仲良し補助犬といえば
ハンサムな介助犬ニッキー&ゆっきー
そして元聴導犬らぶ太&ラブ太ママ、パパ、ちびち。
なんとサミーが最年少。今年の6月で7歳になってシニアの仲間入りするサミーが
最年少となった。

c0052779_23333091.jpg

左からラブ太(9歳) ちょび(15歳) ニッキー(11歳)
この犬達から見たらサミーは青2才だな。
c0052779_23474691.jpg

ちょびは15歳の高齢なので耳が聞こえませんので呼び時はたたいて呼ぶ。
つまり聾文化に入っているのだ。
振り返るしぐさも全く聾なのです。
しかし、サミーは私が育てたこともありしっかり聾文化が入っており
たたいて呼んでいる。
ラブ太は写真から見て分かるように右目は見えていない。
高齢犬をもっている先輩から食事とかいろいろとアドバイスを頂いた。
今後のサミーのケアの参考までに。

いろいろたわいない四方山話をして
解散したとさ。

なんとゆっきーだけが聴者で残り全員が聾なので
いつもと逆の立場になったゆっきー。
ちゃんとつきあってくれるから嬉しい。
もちろん私たちは声を出して話しました。
声という意識が消えて手話だけになると、ゆっきーが大変だから。
ただでさえ、左目があまりよく見えない彼女だから。


明日は

アジアワーキングドッグのイベントへ行ってきます。
[PR]

by yummypon | 2007-04-21 23:42 | 講演

第2刷が届く

第2刷が届いたよ。

嬉しいなあ。

この目で第2刷と書かれた私の本に出合えるなんて。。。
今まで4冊出版したけど、売れないライターでした。
買ってくれる人は専ら友人、知人の間というのがパターン。
しかし、初めて出した「心の鏡」よりは知名度が出たようで
けっこう知らない人が買ってくれているようだ。
少なからず、興味をもってくれていることにはありがたい。

処女作品となったのは詩集でした。
小学時代から書き溜めていたものをアメリカの留学をきっかけに
新風舎に応募した結果、共同出版に。
カラーとか印刷の段階では既にアメリカに居たので
メールのやり取りして完成にこぎつけた。
そのうち100部買取となった。
100部はどうやって売ろう?
アメリカにいたため対した営業活動が出来ず、営業上手な母に任せ切り。
見事に100部売り切った。
すごい。手間賃をしっかり取られました。
そりゃあそうだな。
母だって頑張って持ち込んで、体を張って売り込んでくれたから売れたもんね。

2作品目になったのは
アメリカ留学の紀行文として自分の生い立ちを振り返るように書きました。
アンネフランク日記のように売れなかったが。。。
2作品目も大学大学院在学中でアメリカにいたため
営業も母任せ。
しかし、売れ行きは少し好調。

3作品目は
トップの写真の通り
「私は心を伝える犬」ハート出版より発行。
初めての企画出版。
そして今までは500部発行より
4000部の発行。
サミー様様です。
講演の度にサミー本を置かせていただいて売りまくっています。
講演を聴いたあとのほうが効果的なのがみなさんすんなりと買っていただいております。
また、本人が目の前に居ることから毎回心込めてサインを書いて渡しております。

4作品目は
韓流ドラマにも負けない恋をしたどー。
という作品に仕上がっている。
恋愛ものだから皆さんは興味を持って読んでくださる。
売れ行きも今までに増しては好評。
これはしっかり、母娘共同で営業!

5作品目が
漫画。
「天使からの贈り物」
今までに無い記録。
2週間足らずで500部完売。
日本の漫画文化は恐ろしい。
これほどまでに密着している。

おかげさまで1000冊増刷が決定し、
発行者のMAMIEはプロップステーションというつながりを持っている。
プロップステーションからも協力を得て、・ナミねぇのメルマガでも発表して下さいました。
直接的なかかわりをもっていないのですが、MAMIEを通して、補助犬を応援してくれる
姿勢にただ感謝するばかりです。
このページを借りて、心から嬉しく思います。ありがとうございます。
[PR]

by yummypon | 2007-04-21 00:13 | メディア

お礼!

第1刷 完売 お礼!

ここにてお礼を申し上げます。

未だに手に入っていない。

欲しいという方はもう少し待ってくださいね。

このブログを読んで応援してくれる皆に感謝します。

ありがとう。 
Thank you!
Gracias!
Danke.
감사합니다.
謝謝.
Merci.
Grazie.
Obrigado

[PR]

by yummypon | 2007-04-10 19:36 | メディア

第2刷 来週発行します。

やったー! 第2刷が来週発行されます。

記録だ記録だ。
嬉しい嬉しい。
サミー様ですね。

サミーが私を養ってくれるみたいだ。
私がサミーのことを書いて、それが少しの収入になっている。
その収入でサミーのサービスを忘れない。

だってドッグセラピストの通信は20万円以上するんだよ。
どうしてドッグセラピストになりたいのか?
他の犬のために?
いやー。もちろんサミーの為さ!
きちんとした知識があればサミーにケアが出来るからね。
資格を取れば、仕事にもつなげられるし。。。

まったくサミー様様ですよ。
私がこうしてこのブログを書いている間にも
すぐ後ろにいるサミー。
皆がいるリビングルームにいればいいのに。
私のそばがいいんだね。
そんなサミーだから私はサミーのために頑張っているよ。

ステージママになって
サミーの働きをPRしていくぞ。
そうでもしないと、サミーが大変で私も大変だから。
少しでも補助犬というものは何か?当たり前の社会になれば
サミーの精神面が楽になるし、私も楽になる。
今すぐ改善できるわけではないが、サミーが生きている間に理解がどんどん
広がっていくといいな。
みんなの記憶の中に聴導犬サミーがいたことを。。。

あっちこっちへ台風みたいに風のように
来ては去っていく私。
誰にも私の明日のことは予測できない。
アメリカへ戻ることも明日出発できるくらいの。。。
そんな私をしっかり付いてきたサミー。
ありがとう。

そして
野望はどんどん広がり
その野望に賛同してくれる人たち。
だから私はずっと走っていけるんだよ。
英語化、ドイツ語化、中国語化、韓国語化にしましょうよって。
サミーの物語は日本だけではなく世界へ。
ドイツ語は幸い私の会社の本社はドイツなのだ。
ドイツのつながりがある。
そして親友でもあるしゃーりママがドイツ語堪能なのさ。
シャーりママが協力してくれると。
実現出来そうなのは、英語とドイツ語。
6月までに発行できたらと思っています。
[PR]

by yummypon | 2007-04-10 19:31 | メディア

散髪

あああああああああああああああ

うっとしい髪。
いくら洗っても自分の髪という気がしない。

よし、切るぞ!
地元では美容院が激化しているのだ。
4店も近くに店を構えているのだ。

昔からお世話になっているのはFlex
次に出来た店はhair lips
冒険したくてそこへ行ってみた。
その後に出来たのがIWAZAKI.
そこは1000円でカットしてもらえるのだ。
金欠にはありがたいお店。
本当にシンプルだからこそその料金になっているのだ。

どこへ行こうか?
3選択だな。
LIPSに決めた。
そこへ行ったら、予約で夜の7時以降出ないと無理ですと言われた。
7時までは待てん。
今は2時半。
今切りたいのじゃ!

そうそうもう一店新しく出来た店があったな。
試してみるか。
affes.
ちょっと違うタイプ名店だな。
とりあえず、カットでお願いします。
ちょっと話して、シャンプーしますか?
そうだな、この店のシャンプー施術はどうだろうという好奇心があった。

なんと気持ちがいいのではないか!
今までのスタイルといえば寝かされて、顔にはタオルかティシュツペーパーを覆われる。
そこでは寝かされるというよりゆっくり椅子にもたれかけるようにして
顔を上にする。もちろん、首枕が付くので首が疲れることは無い。
シャンプーしながらマッサージも取り入れてくれる。
気持ちがいいなあ。
うとうと。
シャンプー2回、リンス1回が基本。

それが終わると
カット。
カットの間はずっとどうやってカットするか
手際を見ていた。
私はいつも目で盗んで覚えて
家で復習して自分のものにしてしまうのだ。
まあカット技術は難しいからものにすることはできないけど
いつもそうやって観察するのが好き。

見る間にどんどん減っていく私の髪。

終わったころにはスッキリした髪になっている。

勘定したときに
名刺、クーポン券、カードを貰った。
クーポン券はヘッドスパ(リラクゼーションメニュー)。
うおおおおおおおおおおおおおお。

マッサージやスパが大好きな私には嬉しい。
今度行く時はやってもらうぞ!

私は大抵
1年に2-3回パーマをかけている。
しかし、昔から私を良く知っている友人達はパーマは不評。
ストレート髪がいいらしい。

パーマの部分を切り落としてストレートに戻ると
必ず異口同音で「やっぱり、ゆんみはストレートがいいな」と。
パパからもいいね。
パーマのゆんみは子供みたいでおかしいと。
んんんん?
パーマをかけるとよけいに子供っぽくなる私???
逆じゃないの?
しかも今回はストレートで結構短く切っちゃったけど??

学生時代はずっとスポーツ少女で髪が短かったからね。
そのイメージががっしりとついているのかな?
髪型を変えるたびにイメージがゴロリと変わってしまう私って。。。

スパイになれるんじゃないかな?
ぎゃはははは。
[PR]

by yummypon | 2007-04-08 18:46
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30