<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


日本へ

日本へ帰国する。

朝に見たホテルで面白いもの見つけた。
週間天気予報
c0052779_22591128.jpg


空港への迎え車がやってきた。
今回いろいろお世話になった東南旅行社
王さんが直に空港内の検疫所に連れて行ってくれた。
ホテルの交渉、イベントの交渉は全て王さんがやってくれたのです。
初めて聴導犬が来ることでどうしたらいいかわからなかったはずなのに、
お客さんの希望を100%聞いてあげることをモットーにしているだけに
気持ちのいい旅になりました。
ホテルの広い部屋の用意をしてくれたのも王さんの力によるものです。

今回は本当に台湾の人だけではなく色々な人に支えられました。
感謝でいっぱいです。
本当に台湾が好きになり、何度でも行きたい国です。
この旅のことを6冊目の本にして漫画にして
日本語対訳中国語で発行したいな。
台湾の人たちに感謝を込めて。

そして、
飛行機のゲートへ
c0052779_2353869.jpg


機内では座席の間になってしまった。
どうしてなのかと聞いたら
シートベルトをしないサミーは危ないので安全のためにシートの下に伏せて欲しいのこと。
安全圏に入ったら自由にしてもよいのこと。
しかし、連日寝る時間無くずっと歩き回っていたサミーは疲れているのでぐっすり。
c0052779_2381969.jpg


最後の台湾の空
c0052779_2384450.jpg

[PR]

by yummypon | 2007-10-30 22:58 | 台湾

台湾 最終日

とうとう最終日になってしまった。

本日は大事な手続き。
輸出許可の手続き。
タクシーに乗って検疫所へ
c0052779_22242898.jpg


いざ、動物検疫所に入るぞ。


そうだ。昨日のイベントに新聞は載っているかな?
c0052779_2225734.jpg

c0052779_22252063.jpg

c0052779_2225346.jpg


台湾に来た時に貰った輸入許可書の黄色紙と成田で貰った日本国への輸入許可予約書、
パスポートの提出。
リーダーでマイクロチップの確認。
検疫所の係員のうち1人が昨日F4イベントのTVにサミーが写っていたのを見ていた。
サミーが私の名前を呼ぶと鼻で突っつくんだよと他の係員に説明していた。
「ゆんみ」と呼びかけたら
サミーはすかさず反応して 鼻でつっいた。
「ほら、言ったとおりだろ」と係員は得意げになっていた。
私はもちろんサミーにご褒美をあげて褒めた。

検疫所を後にしたら犬が放し飼い。
c0052779_22293068.jpg


台湾は本当にバイクが多いです。
c0052779_2231098.jpg


そして
昨日会った友人と待ち合わせ。彼は2009年デフリンピックの実行員でもある。
c0052779_22311447.jpg

c0052779_22312739.jpg


そこで友人から
昨日のイベントが新聞に載っているよ。もちろん私とサミーが載っているのこと。
早速その新聞を4社ほど購入。200元。
デフリンピック委員から色々な質問を受けて、一緒に昼ごはんへ。
屋台にあった美味しいつまみを買ってくれました。
日本で言えば掻き揚げみたいなものとサツマイモ揚げ。
c0052779_22341239.jpg


次は台湾聾協会へ。
メトロで移動します。
c0052779_22345297.jpg

一度警備さんに呼び止められたけど、聴導犬だと分かるとどうぞって言ってくれました。
乗客は普通にサミーを見ています。

聾協会に向かう途中で野良犬がいたけど
それも距離を保って近寄ったりしているのでサミーも平気だった。
まあ、ドッグランの中にいるようなものだな。
c0052779_22364582.jpg


これまで見てきて、台湾は上手に犬との共存している。
そういう関係がサミーにとっていいのかもしれない。
犬がいて当たり前で、汚いとか怖いとかそういう感覚ではない。
犬は犬で自由にうろついて居ればいいし、人は人で自由に居る。
犬との距離感がとてもいい。
日本の犬達はお互いにいがみ合うのでサミーも闘志が時々出てウウウウとなってしまう。
台湾では一度もウウウウと唸っていない。
吠えられても犬は吠えるのが当たり前の感覚でほっといている。
別にびっくりしたりはしない。
サミーは安心感が台湾にはあったのだろう。
私も不安無く普通に歩けた。
日本ではサミーを守らなきゃあという気持ちが強かったけど
台湾は必要ない。
周りがサミーを守ってくれる。
アメリカ以上だと思う。
まずまず台湾が好きになった。
なぜならサミーに優しい国だから。

聾協会
c0052779_2241371.jpg


台北聾学校へ
c0052779_22423024.jpg

c0052779_22425437.jpg


時間割表です。
c0052779_22431713.jpg

日本と似ているね。

そして
一クラスの訪問しました。
c0052779_22441644.jpg

先生は感激していましたね。
初めて聴導犬を見た。どんな働きをするの?
一緒に旅行しているYにも質問の山。
一緒に記念写真。
Yにとってはいい思い出になるね。同年代と交流が出来たからね。
今後台北聾学校とYの学校との交流会が出来るといいね。

ここで又TVの取材。
台湾聾ニュースのTV。
c0052779_22462559.jpg

どれくらいたくさん話したのだろう。
聴導犬のPR活動が十分出来て良かったと思います。
最終的にはサミーは疲れてふてくされていました。
丸い可愛い目がつり目になっていました。

ご褒美に
グランドで思い切り走らせましたよ。
c0052779_2248315.jpg

今までのうっぷんを晴らすように
だあああああああああああああ
弧を描いて走り回る。

スッキリしたサミーはつり目からまん丸の可愛い目に戻りました。

夜ご飯は
台湾聾友人4人と鍋を食べていろいろ語りました。
台湾手話は日本手話と60%は同じなので通じます。

友人にお願いしてホテルへ寄ってもらった。
なぜなら観光局から貰った果物は日本へ送れないし、持っていけない。
c0052779_22565432.jpg

そのくだものを分けて持って帰ってもらった。

そして
帰国への準備。
[PR]

by yummypon | 2007-10-29 22:26 | 台湾

F4イベント そしてサミースターになる

いよいよこの旅の目的であったF4イベントが本日!
6千人が詰め寄る大規模。

でもそのイベントは2時半から入場し3時からである。
まだ時間があるので午前中は変身写真に挑戦。
阿法写真館へ。
3パターン+サミーでBコース。
1.ドレス
2.チャイナドレス
3.ミニ着物

生まれて初めてつけ睫毛をしてはどんどん顔が変わっていく。
カメラマンさんがどんどんいろいろなポーズの注文が来る。
それに応えるが、いろいろなポーズをとるため
最終的は足がブルブル。
モデルさんは大変だな。
結構体力が要りますわ。
写真は非公開。あしからず。

12時半にホテルへ戻り、
リーさんが迎えに来た。
そうそう、以前にアニーさんに台湾で聴導犬サミーのPR出来ないかな?
メディアに紹介できたらいいなと相談した。
アニーさんは台湾にメディアの友人がいて話を持っていったら、
早速Pressに紹介できるようにセッティングしてくれた。

そのための迎えで他のツアー客とは別行動。
c0052779_21532082.jpg


わーすごい。
日本でアイドルのコンサートとかいったことが無い私には初体験。
韓国、タイ、シンガポール、香港、日本、などアジアのファン達が6000人集合しているのです。

入場する前に
聴導犬サミーの取材したいTV局が2社。
もちろん日本語通訳者がついて、たくさんの質問を受けた。
ついに、台湾でTVデビュー。
c0052779_21571766.jpg

c0052779_21572942.jpg

c0052779_21573938.jpg
c0052779_21574850.jpg


会場の様子
c0052779_21583351.jpg


会場で後ろにはたくさんのTV局、記者が集まっていた。
そしてインタビューが始まった。
すごい!
私のくび周りにはたくさんのマイク。
手話が使えないくらいのおびただしいマイクの山に質問。
私はどこを見ればいいか分からず目線が定まらない。
たくさんのカメラがあるんだもの。30以上はあったと思う。
芸能人はそうやってインタビューを受けているんだな。
大変だな。
インタービューアーも次は私かと競争して質問してくる。

取材を終え、座席に着く。
これで終わりかと思ったら、まだあった。
このイベントの終わりに聴導犬を紹介したいのでステージに上がって下さいのこと。
わー。
すごい。間近でF4と会えるわけよ。
ドキドキしてきた。
友人は私の代わりに
「きゃああああああああああああああああああああああああ」イベントは歌で始まり、
くじ引き、台湾各地のF4それぞれのお勧め観光スポット等どんどん進行していく。
終わりにかかったときに、呼ばれてステージ裏へ。
「どうぞ!」
サミーは堂々とみなの前に出ていました。
サミーは立派でしたよ。
眼の前には6000人のファン達、30社以上のTV局、新聞社の記者たちが。。。
日本から聾の私が聴導犬サミーをつれてきたことを紹介され、
F4に囲まれての写真。
VanNessは流石にアメリカ生まれ、アメリカ育ちなので犬の接し方が良く分かっている。
甲をサミーに匂いをかかせて、軽く撫でていた。
Kenもサミーのお尻を撫でていた。
サミーは拒絶することなくおとなしく撫でられていた。
F4へのメッセージをお願いします。
「これからの活躍を応援していますので頑張ってください」
F4たちは日本語は少し分かるのでそれに反応してウンウン。
会場からは大きな拍手。
F4のケンちゃんが
「町で盲導犬や聴導犬を見かけたら、彼らは仕事しているので触らないでください。
温かく見守ってください。」
再度の大きな拍手。
一人ずつ握手して「お疲れ様でした」と綺麗な日本語の口動きだった。
台湾観光局から果物ボックスとF4特製グッズをプレゼントしてもらいました。
最後には歌で締めたのですが、ステージの前に出てきたため、たくさんのファンが
駆け足で詰め寄る。フラッシュの山々。
サミーが危ない。
私と通訳者と友人が盾になってサミーを守った。
一言「怖い」に尽きる。
c0052779_2215220.jpg


イベントが終わり、会場を後にするお客さんたちからは
「頑張ってね」
たくさん声をかけられる。
一緒にツアーしているお客さんからは
「良かったね。 VanNessはかっこよかった?」
一緒に記念写真を撮る。

こうして色々な人に出会える喜びをわたしは知っている。
けっしていいことばかりではないけど
必ずいい出会いがある。
今回は皆温かい心を持ってサミーを応援してくれる。
それがサミーは分かるから
ずっと穏やかな表情。

6時には旧友との待ち合わせ。
そう、アメリカ時代の台湾友人。7年ぶりの再会。
友人の案内で台湾名物の夜市へ。
c0052779_22184324.jpg

c0052779_2219041.jpg


夜市でも声をかけられる。
その人はみなイベント会場にいた人たちだ。

今宵も12時にホテルに戻った。
毎日12時だ。
台湾は本当に眠らない町だよ。
[PR]

by yummypon | 2007-10-28 21:42 | 台湾

台湾2日目 流星花園ツアー

台湾2日目。

本日の予定は流星花園ツアー
つまり花より男子の台湾版ドラマのロケ地などを巡る。

6時には起きて
サミーと友人と散歩へ。
c0052779_2117289.jpg

公園には散歩している犬を見かけた。
マルチーズが多かったけど、ちゃんと躾が出来ていました。
サミーが来ると分かるとそっさにキャリーバッグを出して、マルチーズを中に入れて、
通り過ぎた後はバッグから出していた。
しかもスムーズな作業。
他のマルチーズの飼い主さんがいたが、ちゃんと「つけ」が出来ていて引っ張らない犬。

野良犬も2,3匹見かけたけど、サミーとの距離を置いているので
サミーは気にならない。
人に向かわないし、サミーに対しても向かわない。
うまく共存している感じが受け止められた。
とてもいい犬ばかりでしたよ。

公園の帰り道にコンビニに寄った。どうだろう?
補助犬OKマークシールは無い。
とにかく入ってみるが、お客さんも店員も何も言わないし、反応なし。
犬がいて当たり前というか。。。
なんともいえない不思議な感覚。日本は必ず視線を感じたというのに。。。
c0052779_2194910.jpg


ホテルに戻りバイキングスタイルで朝食。
流石、おかゆがありいろいろなトッピングを選んで食べた。

9時にはホテルを出発。
このツアーのみの特製バス。
何かというとJerryバスなのだ。
c0052779_21154279.jpg


まずは中山美術公園
c0052779_21163541.jpg


つくしから返されたペンダントを道明寺が投げ捨てたシーン。
c0052779_21183928.jpg


免税店へ
サミーは難なく一緒に入る。
お茶の説明を受けている間に人たがりが出来る。
何かと思ったら、サミーに注目。
サミーの顔を見たさに近くまで来てサミーと目が合った。
「ワン!」
日本だったら白い目で見られるが、台湾では見た自分が悪かったと。
周りの人も見ちゃ駄目。その人は反省していました。
サミーは悪くないと。
気持ち的に救われましたね。
お土産を探し回る間に一人の店員が私と一緒にいる。
それぞれのお客さんに一人の店員がつくようだ。
しかも日本語流暢。

土産を手に取ると、店員さんが持ってくれる。
パイナップルケーキとかいろいろ手に取る。
品定めしている間に又人だかりが出来る。
ギャラリーの山。
それもサミー。
台湾は漢字が読めるから、聴導犬。
「偉いぞ。がんばっているな!」
大きな拍手されてしまい、サミーはいい気分。
私も嬉しい。

そして次へ
バスの段差が大きく、狭いので降りるたびに上がるたびに私はサミーを担いでいました。
c0052779_21262232.jpg


昼ごはんはショウロンボウ。美味しい!
c0052779_21264999.jpg

c0052779_2127029.jpg


可愛い出来事、
一緒に旅行している小学4年のY。
疲れてバスの中で寝ていた。ガイドさんが起こしてもなかなか起きなかった為
抱っこして店にやってきた。その様子は抱っこちゃんみたいですごく可愛かった。
Yはねぼすけで今の状況がつかめていなかった。

つくしが道明寺の誕生日のクッキーを渡した場所。(ベイブリッジ)
c0052779_21304827.jpg


町を歩いたら 美容院の看板犬フレブルがいた。
c0052779_21313761.jpg


動物園モール
c0052779_21323557.jpg


そのほかも色々廻って
ホテルに戻ったのは7時過ぎ。

8時半に足ツボマッサージ。
そこにもサミーを連れて行った。
サミーが危ないからといって個室にしてくれた。
マッサージを受けている間に、サミーがいるという噂で
ガラスドア越しにたくさんのギャラリーが出来てしまった。
なんか視線を感じるなあと思ったらたくさんの目がサミーに注目。
しかし、その視線は優しいものだからサミーは気にも留めなかったようだ。
奇形に移るような目ではなく、犬がいるよ。仕事している犬はどうなんだろうという
応援する目で見られていた。
マッサージ師も優しい目でサミーを見ていた。
マッサージ師がパンパンと私の足を叩くと
心配して
鼻で突っついて
「おい、大丈夫か?」
せっかく気持ちよく寝ていた私は起されてしまい、
「大丈夫だよ。気持ちがいいから伏せして待ってろ」
「はいよ」

1時間のマッサージ 700元。
ホテルに戻る為の迎え車が来るまで待っている間に
靴磨きをしている叔父さんがいて 流暢な日本語で
「聴導犬か。すごいな」
叔父さんの声に反応したのか、叔父さんの犬がやってきた。
放し飼い。
「ひっこってろ」
素直にきいてひっこいていた。

ホテルに戻り
明日のF4イベントに備えてお休み。
[PR]

by yummypon | 2007-10-27 21:06 | 台湾

台湾へ出発!

いよいよ台湾です。

毎回の事ながら輸出許可書を貰わなければならないため早目の出発。

10時には家を出て、毎回の事ながら父が成田まで私の愛車で送ってくれた。

予定通りに成田には12時には着き、一緒に行く親子をツアー集合所で待ち合わせ。

結構並んでいる。良く見たらいろいろなツアーがあり、韓国の東方何とかのアイドルグループのツアーもあった。こっちは台湾のF4ツアーで、実際の集合時間は2時。

落ち合ったところで、早速検疫所へ。
しかし、毎回利用しているのは第1空港なのでどこに検疫所があるか分からない。
案内所へ問い合わせしてみたらJカウンターの後ろにあるドアから入ってくださいのこと。
そのドアへ向かうと警備員がいて従業員のみしか通れないことになっている。
検疫所へ行きますと言ったら通してもらったのはいいが、第1空港では4階になっていたのに対してここは違っていた。????うろうろしていたら、6階ですよって、案内してくれました。

位置的には同じく左端にあり、全ての書類を検疫所の人に渡す。
リーダーでマイクロチップの番号の確認、健康の確認。
書類作成し、確認したら住所の読み仮名が間違っている。
「はちまんやま」→「やわたやま」になっている。
「やわた」とも読めるからなあ。
サミーの輸出許可は完了し、タグをつける。
c0052779_20381793.jpg


同じく検疫所からターミナルにつながるドアを開けたら、さっきの警備員が
「ケージに入れないのか?」
「サミーは聴導犬です!」
「すみません、どうぞ」

ツアーの集合所に向かってチケットを貰いに行き、Jカウンターへ。
聴導犬の証明書の提出し、荷物の確認。
聴導犬なのにカウンターの人は
「盲導犬」といわれてしまいました。
「違う!聴導犬です。目は見えてます!」
「すみません。。。。。」
ここにもいた。
先入観が盲導犬となってしまっている。
しっかりした教育が欲しいです。
カウンターの人なら補助犬の勉強はしているはずなのに。。。
なかなか盲導犬というレッテルがはがれないものかな?

軽く昼ごはんを食べてゲートへ。
c0052779_2045686.jpg

c0052779_20453786.jpg


お馴染みの動く歩道に立つサミー
c0052779_20462937.jpg


出発ゲートの前で
c0052779_2047196.jpg


機内の座席は右端のスクリーン前
c0052779_20474525.jpg

c0052779_20493354.jpg


台湾への空は
c0052779_2048823.jpg


遥か彼方へ
そして、台湾へ到着。
入国し、そのまま検疫所へ向かう。
c0052779_2049446.jpg

黄色のその輸入許可書の書類は帰国する時に再度検疫所に提出しなければならない
大事なものだ。これでサミーは無事に台湾へ入国しました。
台湾の空港係員はサミーのことを可愛い。
聴導犬だよ。頑張っている犬なんだよと他の人たちに説明して、
温かく迎えてくれました。

ツアーの出迎えの案内紙を探す。
どこだろうと思ったら、向こうが先に気が付いた。
サミーがいるからだ。
「谷口さんですね。こっちです。」
ツアー参加者は皆サミーをみて可愛い。聴導犬なんですね。
それぞれのホテルへ向かう。
空港から約1時間ほど走り、その間は若いカイドさんがいろいろ説明していた。
カイドさんは友人曰く速水もこみち系だ。
日本人かと思ったら台湾人。
大学で日本語を勉強したそうです。
もちろん読み書きもOK.
そして、そのツアーの目玉であるJerryグッズが配られていた。
後に聞いた話では他にもF4ツアーがあるが、Jerryグッズが配られたのは
このチーターツアーのみ。他にもいろいろな特典が。。。

私たちのホテルは一番最後におろした。
サミーは早く一息をかきたくて泣きはじめる。
エレベーターへ猛ダッシュ。
サミーは知っているのです。
ここはホテルであってエレベーターに上がって部屋に入ることを。
部屋を確認したらものすごく広い。
リビングルーム付きのファミリータイプ。
一緒にいた友人は感激!すごい部屋だああああああああああ。
サミーはまずご飯だ!と催促し、それが済むとトイレタイム。
ホテルの人に近くに公園はないかと聞いたら近くにあるとマップで教えてくれた。
戻ってきたら時計はもう11時にまわっていた。

サミーはバタンキューで即寝。
スヤスヤ。
[PR]

by yummypon | 2007-10-26 20:27 | 台湾

いよいよ

いよいよ
明日が出発!

早速準備した。
しかし、相変わらず私の荷物は少ない。
c0052779_20382487.jpg

(by 携帯カメラ)

リックとショルダーバッグのみ。
ちゃんとサミーの4日分のご飯、デジカメ、デジタルビデオ、テープ3本、
4泊5日分の着替え、貴重品(財布、パスポート、携帯など)は入っていますよ。

リックがパンパンになっているのは
台湾への宣伝用のサミー漫画14冊も入っているからだよ。
だから重い。
もちろん、アニーさんが訳してくれた中国語版、私とマルタンさんが訳した英語版を
挿んでいます。
台湾では聴導犬がいないので、宣伝及び理解と普及協力願いの活動してきます。
2年後には台北でデフリンピックが行われます。
そのときまでに普及と理解があればいいなと思っています。
もちろん台湾メディアにも宣伝してきます。どうなるかな?

私の旅はいつでも少ない荷物で済ませる。
スーツケースなんかもってほか。
入国する時スーツケースが出されるまで待つ時間がもったいない。
機内持ち込みの手荷物だけで済ませる。
最低限必要なもののみもって行く。
必要あれば現地で買えばいいという考えです。

去年のトリニダートへ1週間旅行してきた時も同じようにリック1つだけで済ませた。

まあ、最初の旅は結構大きな荷物でしたが…

考察の結果、ノートPCは持って行きません。
その代わりにいつももっていく旅日記に記入して、帰国後一気にアップします。
楽しみにしてくださいね。
では
1週間後に。
[PR]

by yummypon | 2007-10-25 20:48 | 台湾

もういくつ寝ると台湾!

もういくつ寝ると台湾。
今週の金曜日に出発。
ドキドキしてきた。
単なる旅行ではないからな。今回は。。。
サミーの台湾でビューに花を咲かせる為に私はいろいろ手を尽くした。
台湾に聴導犬をアピールするのよ。
サミーの実家のアニーさんの協力も不可欠。
準備は整った。後は台湾で実行するのみ。
結果は帰国後の報告でお楽しみに。
リアルタイムでアップしたいけど、どうしょうかな。
ノートパソコンを持っていくかどうか迷っている。
今回は結構ハードなスケージュルになりそうでPCを失くすの怖いから。
でもデジカメとデジビデオはしっかり持っていって記念に残しますわ。
帰国後、ニューMacで作成するぞ。
未だに操作慣れていないけどね。

台湾聾友人から連絡があり、未定だった29日の予定がはっきり決まった。
これで内容の濃い旅になるぞ。

10月29日の一日の予定
8:30AM   台北検疫所
10:30AM  Deaflympic
12:00 PM  Lunch
1:30PM   聾協会
3PM      台北聾学校
6:00PM    Deaf sport assoications 交流会 and
         international sign language class

どうよ?

今度、台湾へ行く時は台南へ行きたいです。
もちろん新幹線に乗って。。。
2009年のデフリンピックに合わせて長い休暇を取らなくちゃあ。
競技は台北で行われます。
その後に台南へ。

楽しみだ。
毎日仕事中、台湾へ妄想世界に入ってしまっている私。
でも、しっかり仕事はこなしていますよ。

台湾から帰国の翌日の仕事が心配だ。
結構ハードなスケジュール。
休みもらおうかしらね。
様子を見てから決めよう。
[PR]

by yummypon | 2007-10-22 22:19 | 台湾

ちょっと早いけど大阪の講演のお知らせ

c0052779_21373454.gif

会場はクレオ大阪中央になります。
[PR]

by yummypon | 2007-10-17 21:38 | 講演

半身浴


結構 同情のコメントを頂いております。
ありがとうございます。
休める時に休むべきですね。

ところで夏からはまっている健康法。

それは 半身浴。

最初は20分浸かっても汗は出ない。
つまり代謝が悪いので出にくいのだ。
頑張って40分でやっと少しの汗が出る。
私の長風呂は家族も存知だが、これほど長いと
早く上がってこいと文句言われる。

時間の調整が難しい。
食後に入るのも体によくないし、みんなの最後に
時間を気にしないで長風呂にしてもいいが。。。
私はフレックスタイムで 8時から4時半まで 働いている。
朝は早いので一番最後に入ると睡眠が足りなくなる。

なので文句言われようともほっといていた。
続けていくとだんだん代謝がよくなっていくのが分かる。
いまや10分で結構たくさんの汗が出てくる。

効果が出たのは肩こりが楽になった。
代謝がよくなっているので全身の血の巡りがよくなったため。
それだけではなく体が締まってきました。
ダイエットなしですよ。
嬉しいね。


私はいつもスッピン。
スンピンで会社へ通勤している。 
流石に30代に入っている私は肌のケアをしなくちゃあと思い始めた。
今、試しているのは京乃雪という化粧品を使っております。
日本風土に合った化粧品を使うのが一番だと思う。
日本で使っていたシャンプーをアメリカで使ったら合わなくなっていた。
アメリカで買ったシャンプーが合うのである。
気候や風土によるものだと思う。
アメリカでは硬水、日本は軟水。
なのでアメリカの風呂桶はすぐ白っぽくなってしまう。
水質が違うし、湿気も違うのでそれが髪にも反応して行ったと私は思っている。

季節のもの旬のものを食べる。その場所に取れたものを食べるのが一番の健康方法だと
言われるように
スキンケア、及びヘアケアも同様ではないかと思う。

なので日本古くからある日本文化でもある米ぬかでケアを始めてみました。
そのマッサージクリームは私の大好きなハッカが入っている。
スースーとして気持ちがいいです。
洗ったあとの肌はなめらかですね。
顔だけではなく首周りにもつけています。

その後はリバカリクリーム。
楽チン。化粧水や乳液が全てオールインワンとなっている。
結構伸びるのでたくさんつけなくてもいい。
ラベンダーの香りで癒される。
そのせいか夜はじっくり眠れますね。
[PR]

by yummypon | 2007-10-16 23:10 | 美容

ばたんきゅー

やっぱ。
歳は勝てないなあ。


本日の予定は筑波技術大学の学園祭へ行く予定だった。
こんとこ睡眠が。。。
外出が多く、なかなか早く寝れない状態だった。
毎日1時に寝ては5時半に起きる。

昨日は講演で熊谷まで出かけてきて
10時には帰ってきた。(飛ばして1時間弱)
今朝、起きたら体が重い。行きたくは無い。
ゆっくり休みたいな。

友人に誘われていく約束もして、私の車で行くことになっていた。
どうしょうと思ったら
誘った友人の本人が風邪を引いたからいけなくなった。
ごめん。
ということだった。
丁度良かったわ。

二度寝しては昼まで
今までの水分不足を解消するかのように爆睡。
サミーはすぐ隣で添い寝。
10時ごろサミーはおきてよ!つつっいてくる。
撫でながら寝ていた私。
サミーも諦めて添い寝。
昼前に一度目が覚める。これ以上寝たら今夜眠れなくなると困るなあ。
頑張って起きることにした。

サミーはうるうるしてやってきた。
はいよ。散歩へいこうか?
反応なし。
変な奴。
じゃあ手話で散歩?
即反応。
手話の方が反応がいい奴なんです。

着替えて寝ぼすけの状態で1時間以上散歩。

でも体はまだ眠い。
神様はしっかり7日間のうち1日は休養日を設けた。
それはとても正しい。
そうでもしないと体は持たない。
[PR]

by yummypon | 2007-10-14 17:12
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー