<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


"Speech & Round-Table Talk"

クレオール主催
"Speech & Round-Table Talk"を22日と29日 2日間かけて行いました。

スピーカー4人、それぞれの持ち時間1時間。
アメリカ生活経験を1時間でまとめるのは大変でしたが、相手は都内のろう高校生。
手話が分かるのでいつもより勝手はいい。
しかし、手話の分からない高校生がいたためPCノートテイクがつきました。
全ての生徒に公平に情報保障がつきます。

それぞれ違う背景を持って話したので、それぞれなりに参考になったのではないでしょうか?

トップはTさん。
Tさんは私の先輩でもあり、戦前生まれ。
彼女の話にはすごく私にも参照になりました。
彼女の時代、パスポートの発行は一回きり。
つまり、アメリカへ行って戻ってきたら再度の申請が必要になる。
そのため彼女は卒業するまで5年間日本へ戻ってこれなかったそうです。
大学入試試験はアメリカ大使館で受けたとかいろいろ
全く違う時代の背景に興味をそそられました。

次はY君。
Y君は日本財団の職員であり、私の仕事のパートナーでもあります。
一緒にろう外国人の手話通訳をしております。
彼は聴者学校育ちであるが、幸いに近くにろうの知り合いがいたため
若い時から手話を知っていた。
高校の時は周りからの助成をうけ、英語を専攻に勉強しアメリカの大学院まで進んだ。

22日のトリはゆんみ。
英語に対する興味というか、きっかけは祖母にあり。
祖母がアメリカ生まれで帰化したことで、少なからず生活の中ではアメリカ文化が入っていた。
小学生の時のお泊り会で、私の生活が他の人と違うと感じ始める。
日本社会の障害者は後ろで下がって我慢するという背景に疑問を感じる。
ヘレン・ケーラーの本に出会うことよりアメリカに対する憧れが強くなる。
タイミングを得て、留学し予定外の7年半の滞在となる。

29日
Aさんによる単独スピーチ。
リンゴがうまくいえず、アップルで母と通じる。
それによって英語の世界へ。
Y君と同じく聴者学校へ通うが、中学の時の先生が手話ができた。
手話で英語学習。
奨学を得て1年間アメリカ留学へ。
現在、聾学校で教鞭立つ。

全てのスピカーが話し終えた後、高校生のMCにより進行。
MCは頑張って、それぞれに聞きたい事や意見をまとめて進行していました。
一番の悩みは部活と勉強の両立だそうで
それぞれのスピーカーはどうでしたかという質問がありました。

最後の質問は
「なぜ日本に戻ったか?」

Tさん
結婚のため、日本なら自分の力でろう社会を変えていくことに。

Y君
仕事が日本で見つかったため、 アメリカで得た知識を日本のろうしゃへ貢献したい

ゆんみ
健康上で日本へ帰国、 グローバル教育(フリースクール)など日本ろう者へ還元したい

Aさん
奨学が1年のみだったから、 日本ろうしゃの英語力を高めていくことに貢献したい
[PR]

by yummypon | 2009-08-29 13:34 | 講演

東大手話合宿 最終日

最終日

チェックアウトの後

下田へレッツゴー

下田にて昼食

昔の食堂で随分低いテーブル

サミーは必ずテーブルの下に待機するように身についているから
頑張って低姿勢で伏せ
c0052779_23574689.jpg

そう長くは持ちませんでした
サミーの大好きなゆんみの太ももに乗せては
横に見えるゴマ重ねひれかつに目でおねだりしています(もちろん、あげません)
c0052779_23592677.jpg

ブーと 鼻デカ
c0052779_003153.jpg

下田といえば
黒船がやってきたところです
ペリーと記念写真を撮ってきました
c0052779_011774.jpg

ペリーロードがあり、いろいろペリーが来た時代の様子が見られます。
私はそれよりも
手湯がたくさん発見したことが面白がったりする。
もちろん、足湯はあるけど手湯は珍しいじゃん。

三日間の合宿は楽しく終えました。
三日前の同大生と比べるとずいぶん成長しました。
特に会長はたくさん遊んでたくさん勉強して、一皮むけました
日焼けで向けただけでなく、中身も立派に。。。
みんなとてもいい顔していましたのでうれしく思います。

今回もサミーはたくさん愛をもらって可愛がってもらえました。
ありがとうございます。
[PR]

by yummypon | 2009-08-26 23:54 | Travel

東大手話合宿 2日目

午前中は手話勉強会

昼ごはんは近くのネパールレストランへ

ペット用の席が用意されていました。
c0052779_23352832.jpg


ペットの足跡
c0052779_2336131.jpg


みんなはネパールカレーを美味しく頂きました。
その向かいには写真スポットで絶景。
でも私は絶景を撮らず、このあたりは野生猿がいっぱい出るスポットになっているので
猿の像に興味を持った。
像の前でベストスマイルなサミー(なぜならサミーの視線には絶景だから)
c0052779_2337572.jpg


昼からは自由行動
今日も海へ
今回は浜辺の方へ
早速頭から入るサミー
あのおおおおお 鼻に何かついていますけど...。。
c0052779_23403818.jpg


一休みした後
サミーは優雅にパラソルの下で男子グループを眺めていました
c0052779_23422170.jpg

私はレディですからここでウォッチさせて頂きますわ
c0052779_23433590.jpg

あら
珍しいことに
漁業協会からの協力の元で
船ごとが湯船になっており、温泉になっています。
足をよく洗ってから、水着で入ってね
c0052779_2346714.jpg


今夜は
食後に手話ゲーム。
私のチームからは難題を出して、相手チームの表現を楽しんでいました。
お題1.『日米首脳会談の様子(麻生首相VSオバマ大統領)』
見事にそれぞれの特徴をつかんで表現していただきました。
それに味をしめた私たちは
お題2.『ボルトと春日との漫才』
相手チームの女性にやってもらいたかったが、知らないという。
さっき見事に表現してもらった男性陣で再度挑戦してもらった。
ボルト役は早く走って、俺が一番と春日に突っ込む
春日はじろっ ふふふふ
ボルトは決めポーズの弓
春日は駄目だししてはトゥース
立派です。

その後は楽しみにしていた花火大会
風が強く、いい場所を探すの大変だった
真っ暗で何も見えないからだ。
しかし、今は便利なもので携帯でライトかわりに使える。
花火大会ではサミーは黒で見えにくい。あははは
[PR]

by yummypon | 2009-08-25 23:32 | Travel

東京大学手話合宿 in 南伊豆 一日目

やっほー
又、南伊豆に来ました。

今回は父が東京大学で手話講師しているので手話合宿に来ています。

南伊豆に着いたら、自由行動で男子グループは海へ。
私はもちろんサミーと海へ水遊びに行きましたよ。
泊まったペンションは南伊豆 アサンテサーナです。
3年前の2月に一度泊まったことがあります。
女将さんは手話ができるので気軽に泊まりに行けます。

オーナーのお母様も手話が出来、少し世間話もできました。
ペンションから下の方へ行くと10分ほどで海へ行けるのこと。
浜辺ではなく波止場でプールみたいになっているよ。
行きは下りで楽だけど帰りは登りで大変だよと。
私たちは若いから帰りも徒歩で大丈夫だと豪語し、下ってみたら大変。
早速、電話で迎えの時間を設定してお願いしました。

サミー
久しぶりの海だぞ。
今回、私は泳がないからサミーは水遊びだけね。

早速顔から行きます!
c0052779_23241073.jpg


カニさんが鼻の上でこんにちは
c0052779_23254897.jpg


ゆんみ顔を拭いてよぉぉぉx
c0052779_23262081.jpg


男子は海上で相撲大会
c0052779_2327250.jpg


海で遊んだ後は足元をよく洗いましょう
c0052779_23273711.jpg


ペンションのテラスでポーズ
c0052779_2328516.jpg


って、今夜の豪華メニュー
c0052779_23283062.jpg


当然私は食べられません。
別メニューで頂きました

今夜は南伊豆の手話サークルのメンバーを中心に交流会をしました。
もちろん、伊豆といえば ヤマ美容室ですよね。
毎回お世話になっています。
今回も来てくださいました。
手話ゲームの後はいろいろ世間話に花を咲かせました。
[PR]

by yummypon | 2009-08-24 23:12 | Travel

近状

ブログ更新せずほっといたら

最近プログ更新していないけど元気?とメールがやってきた。

メールで連絡しなくても

ブログで私の近状を把握しているようだ。ご心配ありがとうございます。

二日前に突然嘔吐して、昨日まで体調が悪かった私です。

食べ組み合わせが悪かったようです。

もともと油アレルギーを持っている私です。(結構あるな)
アレルギーは魚(生は全般において×)、甘いもの(生クリームは論外)そして油です。

一昨日のスープに香り付けに少しごま油をたらして美味しく頂きました。
翌朝にはそのスープの余り物を雑煮して、石垣島のラー油を垂らした。
ごま油とラー油の組み合わせが悪かったみたい。
それだけでなく、油と油のぶつかり合いだったようで。。。
その日は湿気がひどくとても暑い日でした。
その空気を吸った時に急に気分が悪くなり、嘔吐。(泣)
たくさん吐いて胃の中を空っぽしたら、次は胃液なのか酸っぱいものを吐きました。
もちろん、その日はダウン。
ぐっすりベッドのお世話になったとさ。
その日は何も食べていません。

翌日は食べ物に気をつけて、料理したら大丈夫のようだ。
ほっ。
でも昨日丸一日食べなかったせいか、ふらふら。
胃が痛い。重い。
少しずつ胃に優しいものから慣らしていく。

本日は完全復活とは言えないが、大分体調が戻ってきました。
あー恐ろしいや。
熱中症という症候もあるようだから、夏は要注意だね。

って、体調が戻り、お天気も戻ったことで
洗たくしては干して、サミーも虫干し。あははは。
そう、サミーを洗ったのさ。
今はふさふさな立派なコートをしております。


写真がないのはさみしいから
アメリカへ行った時の写真を添付します。
まずは
ニューヨークへ寄った時自由の女神
c0052779_17243948.jpg

初めて島まで渡って、自由の女神を間近で見ました。
感想はちっさ。

ボストンへ寄った時
ハーバード大学創立者の像の前で
c0052779_1726273.jpg

言い伝えがあって、創立者の靴を触ると頭が良くなるとか。
なので観光客は触りまくっているのでその部分はピカピカです。
3歳くらいの女の子が親に担がれて、それを触っていました。その親はその子が将来
ハーバード大学に入れるくらい頭が良くなるようにと願がけした模様。
私もしっかり触っています。


サミーのタイガーバトルの記事でカキコに豹がいる?と書かれていました。
お目が高いこと。
そう、豹がいます。
c0052779_17302373.jpg

ここにも豹親子がいます。
子豹はかわいいけど、親豹はリアルで怖いですね。あははは
[PR]

by yummypon | 2009-08-12 17:31

講演リスト

7月29日
一麦会手話サークル主催 
聴導犬サミーのお話


7月31日
クレオール主催
キッズイングリッシュ受講生と親対象に聴導犬の話


日時: 2009年8月22日(土)・29日(土) 
《企画内容の構成により、両日の参加を基本とさせていただきます》
クレオール主催
中高校生対象にしたアメリカ留学体験談
時間: 22日  1:30 ~5:00 pm 
       29日 1:30 ~5:00 pm
内容:   A. 4名のスピーカーによるお話
       B. Aを受けての情報交換、質疑応答、アドバイスを織り交ぜた座談会
参加費:   無 料
会場:   「エフローレ日本橋」会議室 (中央区日本橋大伝馬町13番の5)



9月3日
目黒区聾協会主催
10時から11時半
「アメリカ生活体験」



9月17日
ちば愛犬学園
「聴導犬」



11月11日
平塚ろう学校
「聴導犬」

という風に講演予定が入っております。
サミーは現役でティアに明け渡す気はありません。
元気なサミーを見ると私は嬉しいよ。
これからも色々な人に出会って行こうね。

ちなみに
ティアはティアなりにトレーニングを頑張っています。
しっかりサミー姐の背中を追いかけています。
ティアも頑張れ!
[PR]

by yummypon | 2009-08-04 20:21 | 講演

事後報告

一か月ブログをほったらかししていました。

まとめて報告しますね。

ティアの誕生会の後は下にもアップしたように

クレーンでゲットした親タイガーをサミーにプレゼント。大喜びのサミー。

今までのおもちゃ以上の喜びようです。

7月13日、15日は日本財団世界聴覚障害者リーダーシップ奨学生報告会がありました。
今回来日する奨学生
Ms. Jiayi Zhou(ジャーイ・ゾウ)中国出身
Mr. Jacob Mwaniki Ireri(ジェイコブ・ムァニキ・イレーリ)ケニア出身
Ms. Namiraa Baljinnyam(ナミラー・バルジニャム)モンゴル出身
それぞれの学生がASLでプレセをし、今回も私がASL⇔日本手話と通訳しました。
彼らの話を聞くとそれぞれの国の事情がよく分かります。

その後は
1週間ほどアメリカに滞在しておりました。
只今 ろう高校生に英語の家庭教師をしており、彼は2年後ギャローデット大学入学を目指しています。
下見として、いろいろ体験させてあげました。
初日は自分を見失っていた彼ですが、色々と教えた上げましたら
最終日は自分で地図を見て、地下鉄に乗り、目的地へ行けるようになりました。
また、英語のやり取りも初日と比べて大きく成長しました。
頑張って入学して欲しいです。
少年よ大志を抱け!

帰国してすぐ翌日は
クレオール主催のKids English教室を3日間行いました。
以前から私はグローバル教育を提供できることを考えておりました。
どのように始めたらいいか分からず、まずは家庭教師を始めました。
あるきっかけでクレオール接触し、一緒に何かをやれたらと私の提案をクレオールが
バックアップしてくれるという形で今回はこういう形で実現しました。

13名の小学生が参加し、お母さまたちも見学として参加していただきました。
一日目はさすがに皆さんは初めて出会う英語と環境に緊張していました。
クラスの中では一切に日本語(日本手話)は使いません。
英語(アメリカ手話)のみです。
最初は子供たちは????だらけで何だろうと。
ポスターやいろいろ視覚的から英語に馴染んで頂くことから始めました。
少し、宿題を持たせて一日目を終えました。

2日目はどうかなと?
元気よくみんながやってきました。
復習を始めたら、意外と皆さんちゃんと復習してきては
意欲旺盛。
それには感動。
全く日本語を使わずに、英語だけで接したのにすぐその環境に慣れてしまった。
子供の順応性は恐るべし。
感情の部分を教えた時、疲れた?
「NOOOOOOOOOOOOO」
楽しい?
「Yesssssssssssssss」
お腹が空いた?
「Hungry!!!!!!!!!!」
と元気よく答えていただきました。
本物の野菜と果物を使ったレッスンを行ったのであみだくじで引いて持って帰ってもらいました。

3日目の最終日
本当にチャレンジのあるレッスンでした。
2日間はポスターやゲームを使って、体全身を使ってのアクティブなレッスン。
3日目はPicture Dictionaryを作ってもらうので
ちゃんとしたABCオーダーで並べて貼り付ける必要があります。
子供たちはアルファベット順は十分理解できていますが、単語のABCオーダーの理解が難しかったようです。
例) Ball、 Bat,  Bake という単語があります。
それをABCオーダーに並べるには?
1.Bake 2.Ball 3.Bat になります。
子供たちは笑顔が消えては、眉間を寄せてはうーんと考えます。
初めて子供たちに考える時間を与えました。
もちろん、スタッフの皆さんでお手伝いして、残りは宿題。
3日間習った単語を使って自分のことを話すプレセをしてもらいました。
ある子供は自由に絵を描いて、私の好きなものを表現していただきました。

この3日間、子供の成長には驚くばかり。
やはり勝手に子供の限界を作るものではありません。
見守って、いろいろ引出しを用意する必要があります。
こういう機会を作ってくださったクレオール団体、そして参加していただいた親子に感謝しています。
初めての試みでしたが、期待以上の子供の意欲でした。
これからもがんばってこういう機会、将来的は塾ができるように頑張っていきたいと思います。
7年半のアメリカの経験がここで生かされようとしているのは嬉しいです。

3日間のレッスンの後に聴導犬のお話をしていただく機会をもらいました。
子供たちは大きな黒い犬を目の前にしてかわいいと言ってくれました。
本の販売もし、購入していただきました。
今回もパワーポイントを使って講演しましたが、DVD上演の時は音が出ませんでした。
もちろん、音がないのでサミーはずっと休憩したまま。
M先生にお願いして、ドアにノックしていただきました。
今まで休憩していたサミーは起き上がって、私を呼びドアのところまで引導しました。
それをみた子供たちや親たちはすごく
「おおおおおおおおおおおおおおおおおお」
と感動していました。
サミーはちゃんと仕事をしました。
そうやって音を拾って、聞き分けて教えに来るんだと子供たちに認識させました。
サミーってすごい。
聴導犬ってそういう仕事をするんだね。
また、新幹線のお話もし、盲導犬と聴導犬の違いを話しました。
子供たちはますます目が輝き、
英語教室にサミーの話は面白かった。
又会える?って
聞いてきた時はとても嬉しく、私への最大のご褒美です。
[PR]

by yummypon | 2009-08-04 19:58 | 講演

プール遊び

以前のブログにサミーを水遊びさせましたが、

衣服の箱をプールかわりにしたらサミーにとっては狭すぎました。

プールを買ってあげようと

ドンキホーテで見つけてきました。

980円なり。

おっ。今回は広いね。
c0052779_20244742.jpg


てへっ
c0052779_202522100.jpg


気持ちよかっ。
c0052779_20262050.jpg

[PR]

by yummypon | 2009-08-02 20:21 | 遊び
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31