<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


藤桜祭

今日も大学祭へ行ってきました。
もちろん、補助犬理解啓蒙活動です。

アジアワーキングドッグで実習を受けていた日本大学生物資源科学部の学生のご縁による
介助犬についての講演が行われました。
アジアワーキングドッグ代表の野地さんより講演がありました。

場所は藤沢にあります。
講演の会場はなんと博物館です。
c0052779_204871.jpg

野地さんよる介助犬の説明、デモ
c0052779_2044860.jpg

聴導犬パートナーによる観客との質疑応答
c0052779_2054969.jpg

このときはもちろん、通訳なし。
私の言葉もそのまま私の声で伝えている。
補足説明が野地さんから言っています。最初に野地さんと出会ってから
お互いのコミュニケーション力は随分上がったものです。
最初は野地さんが何を言っているのかさっぱり分からない。
野地さんも私が言っていることが分からない。
お互いに通じていないが、犬に関してはちゃんと通じている。
犬が唯一の私たちのパイパスだった。
今はお互いに何を言っているのか理解できるようになった。
だから今、安心してティアを預けている。
野地さんも私もアメリカ仕込み。犬に対する共通な考えがあるから。。。
サミーも野地さんにはうれしそうに尻尾を振る。
サミーは気難しい犬で、あまり他人には振り振りすることはない。
クールなサミーである。

講演が終わった後は、少しだけ見て回りました。
獣医科学研究部臨場班VCCと動物資源科学研究部。
そこには面白いもの発見。
c0052779_20231687.jpg

サミーは骨の子牛とご対面。
意外と子牛は大きかった。サミーより少し大きいです。
サミーは好きな骨に興味があり、クンクン。
学生たちもサミーがどんな反応するかどうか見守ったが、クンクンするだけで終わった。
犬には8種類の血液型があるそうだ。
人間の二倍だね。

そのあとは、遅い昼食。
ティアは協会の車で待機していた。

場所を移動して、湘南台へ。
そこではお祭りをやっていた。
そこでサミーは待機して、ティアとのトレーニング。

ティアは風船にビビるのでそれを慣らそうと。
c0052779_2039795.jpg

また別の場所で
c0052779_20393331.jpg

このときはへっぴり腰にならず、クンクンと。
風船におやつをくっつけて、大丈夫、何もないことを教え、
大丈夫だと覚えたティアは平気。

祭りには音楽もいろいろな匂いとかあったけど、ティアは落ち着いて
歩くことできました。
しかし、近くにサミー姐がいるはずとギョロギョロする部分もありました。
怖いサミー姐だけど、大好きなサミー姐なんですね。
ティアにとっては。

トレーニングの後は恒例のツーショット
c0052779_20424257.jpg

まずまず大きくなって、落ち着いてはとてもかわいいティアになっています。

ティアのトレーニングの後は
サミーと祭り会場を見回りました。
カメさんたちに出会います。
c0052779_20434895.jpg


いろいろ見たね。
[PR]

by yummypon | 2009-10-26 19:58 | 講演

日吉フェスタ・矢上祭

本日は慶応大学の文化祭へ行ってきました。

何しに?

もちろん、聴導犬普及活動とティアとのトレーニングです。

まずは、矢上祭の方へ行ってきました。

慶応大学はキャンパスがたくさんあるんだけど、日吉駅に2つのキャンパスがあるとは思わなかった。
矢上キャンパスは理工学部。
結構賑やかでしたね。
c0052779_20441860.jpg


女装コンテストや、ミス慶応、ミスター慶応というイベントもあり。
むしむしランドを見てきました。
見事にカブトムシが飛んでいる様子が...
c0052779_20471783.jpg


場所を移動して、日吉フェスタへ。
そして、補助犬のデモンストレーションの前に紹介。
サミーは現役の聴導犬。
それ以外はトレーニング中の補助犬。
もちろん、ティアもトレーニング中。
c0052779_20482982.jpg


ティアは人気者です。
子供たちはちゃんと犬に対する扱い方が分かっていました。
私が話すとちゃんと聞いてくれました。
嬉しくなるなあ。
でも、一人だけ変な子がいて
ティアに向かって土下座していたから、なんでだろう?
でも、その様子は楽しげでした。
ティアは訳が分からず、キョトンしていましたが。。。
c0052779_2053416.jpg


ティアは大好きなサミー姐と一緒にキャンパス内を回りました。
苦手な音がいろいろあっちこっち流れていたけど、
サミー姐と一緒で心強かったようで、しっかりサミー姐の後をついたり、並んで歩いていました。
c0052779_20543562.jpg

サミー姐、どうですか?
私、ちょっと成長はしているでしょと言いたげのティアです。
[PR]

by yummypon | 2009-10-10 20:40 | 講演

二足で立つ犬

アンビリバボー4時間祭りを見ていた時だった。

犬が人間みたいに二足で立つ???
それがその写真です。
c0052779_2285823.jpg


前肢に障害のある犬だった。
ゴールデンレトリバーとチャウのミックス犬。
母犬に育児を見捨てられ、その家族の努力と愛情ですくすく育った。

障害でも明るく、普通に生きている犬に多くの感動を与える犬となったのだ。
動画どうぞ。


[PR]

by yummypon | 2009-10-08 22:16 | メディア

イヌと触れ合う五つの輪

本日は麻布大学で公開での講演でした。

c0052779_1638872.jpg


大学での取り組みは素晴らしいものでした。
今回も介助犬2頭、聴導犬1頭という組み合わせ。
しかも彼らは一緒に韓国へ旅行した仲。
いつでもどこでも一緒に旅して、補助犬の素晴らしさを広めてきた大事な仲間です。

まずは
けん
c0052779_1640790.jpg

パートナーの愛情こもった手作りウェアです。
頑張って介助犬のところをくり抜いて作ったそうですよ。
腕と下半身がまひしていて痛みを感じない人なんですが、元気なFさんです。

次は
アルファ
c0052779_16422197.jpg

初代のニッキーは引退してしまいましたが、ニッキーとアルファを溺愛しているゆっきー
ゆっきーと私はよく似ている。
初代ニッキー黒犬、アメリカ育ち、アメリカと日本のギャップに苦しむ。
2代目アルファ茶色犬。
私の初代はもちろん黒犬サミー、2代目になるのは茶色のティア。
似た者同士。
会うたびにガハハアッハと笑いあう仲。

アジアワーキングサポートドッグの代表者、野地さんが簡潔に補助犬を説明する。
それぞれのデモを行い、聴導犬のサミーはデモを行わないので
簡潔に口頭で説明した。
c0052779_16454613.jpg

=引用=
麻布大学 介在動物学研究室では①イヌを知る機会の提供②補助犬との生活を希望する障害者のサポートシステム構築の2つを柱に取組を進め、その取り組みを「イヌと触れ合う五つの輪」を名付けました。
その五つの輪とは?
補助犬は障害者を中心として、育成者、ボランティア、社会の支援があって初めて誕生します。
そして、補助犬の普及にはこの五つが一つとなり歩んでいくことが不可欠です。
=引用 終わり=

分かりやすい進行で進められましたが、2時間という短い時間でしたので
それぞれの持ち時間は5分、3分と短く
出来るだけ短い時間で思いを皆さんに伝えられるよう言葉を選びました。

補助犬育成協会のみならず、大学側でこういった公開授業を設けていただけたのは
ありがたいことです。
こうして、社会からの理解と援助があって初めて社会とともに補助犬と歩いていけるのです。

サミーと歩んで9年。
最初と比べたら、確かに多くの変化があります。


麻布大学は獣医も兼ねていますから
たくさんの動物がキャンパス内にいます。
まずは、馬
軽やかに走っていますね。かっこいい。
c0052779_16561017.jpg

ガングロの羊。
サミーが見たらシープドッグの本能が出そう。。
c0052779_1657441.jpg

可愛い豚
ぶびっ
c0052779_16573915.jpg


全ての講演が終わった後は
傍観者との交流。
子供も来ていました。
サミーに触りたいということなので
正しい触り方を教えてあげました。
c0052779_16585477.jpg

私の言葉をしっかり傾けて、うん、うんと言ってサミーを心こめて撫でてくれたのが
嬉しかったですね。
最初は普通に頭から撫でようとしたとき、サミーは嫌!
その子供は犬が好きなので嫌!と動いた時は怖がることがありませんでした。
注意して、あなたもいきなり撫でられたらびっくりするよね。
だから、今サミーがびっくりして嫌!と言ったんだよ。
仲良しになりたかったら、においを嗅がせてあげて
サミーがいいよと言ったら見えるところから撫でてあげてね♪
うん、今度は言われたとおりに素直に行動した子供たち。
いい子。うんうん。
長いこと撫でていました。

こういう子どもとの触れ合いもいいね。
親子で来ていて、お母様も一緒に触れあいの学習をしてくださいました。
しっかりマンガの宣伝して、購入してくださいました。

交流会が終わった後は仲間たちとの記念写真。
障害は違っても仲間。

今回もまた新しい出会いがありました。
ありがとうございます。
[PR]

by yummypon | 2009-10-04 16:32 | 講演
line

I am hearing dog for Yummy


by yummypon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31